3122

見上げる。

優しい顔のヒロくんが居て、私の顔はくしゃくしゃになった。

「ほら、もう泣くなって。」

「だって…」

「ふっ〃
俺が傍に居るから。」

頷くわたし。

「明日、車取りに来よっか。今日は俺ので帰ろ。」

「あ、待ってて。そら、連れてくるね。部屋に一人にさせちゃってるから。」

「ん、わかった。」
しおり
記事一覧を見る

たんの人気記事

  • 3103
    投稿日時:2021-09-10 14:50:10
  • 3121
    投稿日時:2021-09-18 23:22:34
  • 3101
    投稿日時:2021-09-09 23:04:49

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ