3084

触れた瞬間、首を抑えられ幾度となく重なった唇。

そのまま、ヒロくんの腕の中へ。

「そんな顔すんなよ…」

弱々しく吐いた言葉。

「なぁ、もも。」

「…」

「時々こうやって会わね?」

首を横に振った。

「これで終わり?」

「…終わり。」

「じゃ、俺の顔見て言って。」

「無理。こんな顔見せられない。」

ポンポン

「わかった。」

そう言って、背中を擦ってくれた。
しおり
記事一覧を見る

たんの人気記事

  • 3103
    投稿日時:2021-09-10 14:50:10
  • 3121
    投稿日時:2021-09-18 23:22:34
  • 3101
    投稿日時:2021-09-09 23:04:49

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ