カテゴリ:話

話其の弐拾壱/未来

村に帰った桃太郎は、人間達を説得して回った。自分の住む村、そして周辺の村々も。そして人間社会の中で少しずつ、自..

話其の弐拾/帰り道

周囲が宴会の準備を進める中、桃太郎はすぐに帰ろうとする。「済みませんが、俺は帰らせて貰いますね」「腹減ってるん..

話其の拾玖/想いの篭った黍団子

桃太郎が一人、暴力以外での解決を必死に訴えている。「人間は少し、間違いをしてしまっているだけなのです。その間違..

話其の拾捌/問答の続き、必死の訴え

鬼ヶ島の長と桃太郎の問答が続いている。「解決をしようという事が思い上がりではないのか?」桃太郎の意見に対して、..

話其の拾漆/長との対面、そして問答

両親との対面を済ませた桃太郎。今度は長との面会をする為、島にある広場へと連れて来られた。すぐ近くに動物達と両親..

月別記事リスト
月別記事リスト

菊千代の人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ