新桃太郎

話其の拾玖/想いの篭った黍団子

桃太郎が一人、暴力以外での解決を必死に訴えている。

「人間は少し、間違いをしてしまっているだけなのです。その間違いを正す時間を、与えて頂きたい」

先程まで考え込んでいた長も、今は、桃太郎の話を真剣に聞いている様だった。

更に、桃太郎が話を続ける。

「こんな事で分かって頂けるのかは分かりませんが、お土産を持ってきました。俺を育ててくれた、お婆さんが俺の為にと、心を込めて作ってくれたお弁当を」

「ほほう」

長が関心を示す。

「俺が鬼の子であるならば、お爺さんとお婆さんは誰の子かも分からない俺を、我が子の様に育ててくれた。そのお婆さんの想いを伝える事が出来るのではないかと思って、食べずに持ってきました」

「そういう事であれば、頂いてみようかのう。菊どん」

長が菊どんに声を掛けた。

菊どんが、お弁当を受け取りに桃太郎に近づく。

状況を把握した桃太郎が菊どんに、お弁当を渡す。

お弁当を受け取った菊どんが、長の前まで歩いて行く。

長が菊どんから、お弁当を受け取り蓋を開ける。

「おお!これは、これは、大きな黍団子じゃ」

お弁当の中に、拳大の黍団子が六つ入っていた。

「さて、どうしたもんか」

長が、ちょっと考え込んだ。

少しの間をおいて、続けて言う。

「先ず、菊どんと桜ちゃんには食べて貰おう。そして、ワシが一つ頂こう。後は不公平になるから、お前の友達の動物達に食べて貰おうかな」

それを聞き、動物達が色めき立つ。

「やったね」

「ちょうどお腹が空いていたんだよなぁ」

「待ってて良かった」

そして長は黍団子を一つ取り出して、お弁当の蓋を閉め、それを菊どんに返した。

菊どんは、お弁当を受け取ると、元の位置に戻って来て、黍団子を桜ちゃんと動物達に配る。

「それじゃあ、頂こう」

長が皆を促す。

「頂きます」

そして、それぞれが食べ始める。

「美味しいなぁ」

「人間の作る食べ物はねぇ」

「此処までついて来た甲斐があるなぁ」

動物達が美味しそうに食べている。

長は一人、無言で食べていた。

菊どんと桜ちゃんは泣いている。

泣きながら食べていた。

そして食べ終えた菊どんが長に進言する。

「この子の親代わりをしてくれた人間は、本当に、この子を大切にしてくれている事が解りました」

「うむ。そうじゃのう」

長が応えた。

そして菊どんが続ける。

「人間に機会を与えてみても、いいのではないでしょうか。いや、私からも、お願いします。人間と、この子に機会を与えてあげて欲しいです」

「私からも、お願いします」

桜ちゃんも菊どんに加勢する。

「お願いします」

最後に桃太郎も続いた。

「解った。解った。十年やろう。十年で人間に改善が見られない場合は判っておろうな?」

長が桃太郎に問うた。

「はい。ありがとうございます」

桃太郎が長に礼を述べた。

そして周囲が騒ぎ出す。

「さあ、ややこしい事は終わった、終わった」

「菊どんと桜ちゃんの子供が帰って来た、お祝いだ〜」

「今日は飲むぞ〜」

「お前は、いつも、だろうが!」

「うるせぇ。いつも以上に飲んでやるよ!」

周囲はすでに、宴会をする気に、なってしまっていた。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:カッコいい系男子とかわいい系..

grp

GRP