話其の壱/世の中そんなに捨てたもんじゃない

むか〜し、昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいましたとさ。

ある日、お爺さんは自治会の寄り合いに出掛けて、お婆さんは薬を貰いに川向こうの病院へ出掛けました。

そしてお爺さんが家に帰って来るとお婆さんはまだ帰って来ていません。

いつもなら、お婆さんの方が先に帰って来ていました。

時にはそんな事もあるだろうと思いながら、お爺さんは家で一人、のんびり待つ事にします。

しかし待てども待てども、お婆さんは帰って来ません。

このままでは日も暮れてしまう。

その前に帰って来ないと大変だとお爺さんは思ったので、お婆さんを探しに出掛けました。

お爺さんは病院へ向かう途中にある川の河原で、人集りが出来ているのを目にします。

何なんだろう?と思いながら人だかりの中を覗くと、お婆さんがリヤカーを引っ張って歩き出そうとしていました。

そして、そのリヤカーの荷台には信じられない程の大きな桃が載せられているのです。

とにかくお婆さん一人じゃ大変だとお爺さんは思って、お婆さんに声を掛ける。

「婆さんや、どうしたんだね?」

「あら、爺さんかい。ちょいと病院から帰って来る時に、この桃が此処へ流れ着いていてねぇ。一度、家に帰ってリヤカーを引っ張って来て、桃を荷台に載せようとしてたんだけど、一人じゃどうにもならなくてね。そうしたら、皆さんが集まって来てね。それで皆さんに助けてもらって桃を荷台に載せれたから、丁度、これから家へ帰ろうとしていたところじゃよ」

お婆さんは一連の経緯をお爺さんに説明した。

「なるほど。そういう事だったんだね。皆さん、婆さんを助けて頂いて、ありがとうございました」

お爺さんは周囲の人達に向かって礼を言って、お辞儀をした。

「お礼はアタシがさっき、すでに言ってあるよ」

お婆さんがお爺さんに言う。

「いいじゃないか。減るもんじゃなし、何度言ったって。それより前はワシが替わるよ。婆さんは後ろへ廻ってくれないか」

お爺さんはそう言って、お婆さんと入れ替わろうとする。

お婆さんはそう促されて、リヤカーの後ろへ廻った。

そして二人は自宅へ向かって歩き始める。

周囲の人々は左右に割れて道を作っていた。 

その道をお爺さんとお婆さんはリヤカーを引きながら進んで行く。

自然と周囲から拍手が沸き上がった。

お爺さんとお婆さんは照れ臭そうにしながら周囲の人々に見送られて、その場を後にする。

しおり

記事一覧を見る

このブログの人気記事

  • 無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 1
    話其の壱/世の中そんなに捨てたもんじゃない
    投稿日時:2015-09-26 07:42:02
  • 無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 2
    話其の弐/閃光と共にやってきた赤ん坊
    投稿日時:2015-09-27 14:37:23
  • 無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 3
    話其の参/正義が誤解を生んだり、導いたり
    投稿日時:2015-09-30 17:50:36

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング
ピックアップブログ
新着おすすめブログ