話その1/小さな小さな赤ん坊

お爺さんは自宅から東の山にある竹林に筍を掘りに来ていた。

毎年、この時期になると、此処で筍を掘って持ち帰り、自宅で待っているお婆さんと一緒に、掘り出した筍を食べる事。

それが高齢夫婦の恒例の楽しみでもあった。

お婆さんと二人きりなので、そんなに沢山はいらない。

何刻かかけて見て回って、一番、食べ頃の筍を見つけて掘り始める。

そして、お爺さんは夢中になって、筍を掘っていく。

お婆さんを喜ばせる事が出来るだろうし、食べれば、さぞ美味しかろう。

そう考えると、楽しみで楽しみで仕方がない。

そのお爺さんに忍び寄る黒い影。

大きな大きな黒い影。

その黒い影がお爺さんに襲い掛かろうとしていた。

気配を感じ取ったお爺さんが振り返る。

目の前には大きな大きな熊が立ちはだかっていた。

お爺さんは魂消て腰を抜かす。

そして、その大きな熊がお爺さんに襲い掛かって来た。

万事休す。

その時、近くにあった一本の竹から、強烈な閃光が放たれる。

今度は熊がビックリして逃げ出した。

お爺さんもビックリしたが、すでに腰を抜かしている。

そして熊が逃げて行ったのを見てホッとした。

お爺さんは、その閃光に命を救われた事になる。

腰を抜かしたお爺さんは暫く、そこから動けなかった。

竹を見ると、ちょうど地面に腰を下ろした状態で、目線の高さにある節が、ぼんやりと光っている。

暫くすると、立ち上がる事も出来る様になり、光っている竹に近づいた。

注意深く見て回っても、光っている以外、特におかしなところはない。

お爺さんは意を決して持っていた鍬で、光っている節の上の部分を突いた。

鍬で突いたところから竹が折れて、竹の上の部分が倒れていく。

そして節の中を覗くと、小さな小さな赤子が入っていた。

これまた、ビックリである。

しかし今度は、腰を抜かす程では無かった。

ただ、赤ん坊の大きさは人間の拳くらいの大きさしかない。

人間の子供なのだろうか。

今まで、こんなに小さな赤子は見た事が無かった。

かと言って、猿の子供という訳でも無さそうである。

一体全体、何者の子供なのだろうか。

それは分からないが、とにかく男の子ではある様だ。

ついているものがついている。

お爺さんは、その赤ん坊を手に取った。

赤ん坊は無邪気に笑っている。

お爺さんはどうしたらいいのか、分からなかった。

取り敢えず、筍掘りを途中で切り上げて、自宅へと帰る事にする。

筍掘りの続きは、また明日にでも来ればいい。

先ずは、この赤ん坊をどうしたらいいのか。

自宅へ帰ったお爺さんは、お婆さんに報告をした。

俄には信じ難い話ではあったが、目の前に小さな小さな赤ん坊がいる。

話は信じられなくとも、目の前にいる赤ん坊を放っておく訳にはいかない。

取り敢えずは、お爺さんとお婆さんの二人で育てる事にする。

そして、お爺さんとお婆さんは、その赤ん坊に名前を付けた。

『かぐやノ介』
しおり
記事一覧を見る

菊千代の人気記事

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ