HPE:ストレージクラスのメモリが10年後にはNANDフラッシュ...


HPEの3PARストレージ部門のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるIvan Iannacconeは先日、「10年以内にストレージクラスメモリ(SCM)がNANDフラッシュストレージに取って代わり、企業Storage HPEに好まれる高速ストレージ媒体になるかもしれない」という大胆な予測をしました。

ivan iannaccone氏によると、企業のデータ処理や要求が加速するにつれ、ナンドフラッシュの性能やレイテンシーの問題から、SSDは将来の企業のニーズに合わなくなるだろうとのことです。Scmは、読み取りと書き込みの性能がはるかに優れ、レイテンシーがSSDの10分の1であるナンドSSDを徐々に置き換えていくでしょう。

一方、イバン・イアナコーネ氏は、SCMは確かにNANDよりはるかに優れているが、NANDの4倍のコストがかかることが最大の障害になっていると述べた。

性能的にはDRAMに近く、コスト的にはDRAMとNANDの中間に位置するSCMは、まさにトレンドです。

現在、サプライチェーンはインテルとサムスンが独占しています。 インテルの「アウトドーン」は企業と一般消費者の両方を対象としており、一方、サムスンの「z-ssd」は一般消費者を対象としており、今年の後半にはoemにサンプルを提供する予定です。 また、東芝とWestTree社が独自にサプライチェーン製品を開発していることも明らかになった。

一方で、各ベンダーがscm市場をプッシュしている一方で、メモリのコスト高がnandやscmの買収を妨げているのも事実です。 その最たる例が、何年経ってもnand ssdsがhddsに完全に取って代わっていないことです。

しおり
記事一覧を見る

elhasitsの人気記事

  • 香港去斑中心,女人的美容“福地”
    投稿日時:2019-10-23 13:01:32
  • 敷面膜時可以用補水噴霧儀嗎
    投稿日時:2019-12-16 13:11:15
  • 辦公場地空間設計常見的布局形式
    投稿日時:2020-02-27 10:01:44

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ