耳の奥で息してる




マイホーム経験者。

マンションがいいです。











日付がかわるころに来た彼、
濡れたままの髪としっとりした身体を抱きしめる。




優しさなんて いらないんだよ。



少し拒んだ私に貴方は静かだった。


くたくたの2人はベッドに吸い込まれる。
見え隠れした後悔、自分のせいなのに自分のことのように傷付く。




問われた、僕のこと 好き? が耳の奥で息してる。


核からの本音と小さな嘘が混ざり ぐちゃぐちゃなパレット、鮮やかな色にもならない。




簡単にこえられるよ。
もう大丈夫なの、が波打つ。






私の気持ちは何処にもいない。

だから貴方につかんでいて欲しいのに。


しおり
記事一覧を見る

ゆうきの人気記事

  • してくれればよかったのに、
    投稿日時:2019-02-08 07:37:18
  • 真っ暗な部屋の中、雨の音がきこえる。
    投稿日時:2019-07-18 21:43:12
  • 私は、今日も。
    投稿日時:2019-05-26 19:38:40

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

恋愛カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ