アルコール依存症の人への注意喚起:この3つに該当する人は、一刻も...


ある調査によると、中国は世界第2位のアルコール生産国と消費国であり、アルコール性肝疾患の有病率上昇の背景には、この消費量の増加があります。

アルコール性肝障害は肝臓の障害ではなく、長期のアルコール乱用によって引き起こされる一連の肝細胞の障害である。 最初は脂肪肝として現れ、その後、肝炎に進行することもあります。

飲酒を止めないと、肝線維化、肝硬変、さらに後期にはがんが発生することもある。 アルコールが発がん性物質に分類されるのは、このような理由からです

飲酒が肝障害を引き起こすのは、アルコールの正体がエタノールであり、肝臓から分泌されるさまざまな酵素によって生物学的に変換される必要があるためである。 肝臓に入る過程で、まず肝臓の他の生変換能力を阻害する。

同時に、アルコールとその代謝物であるアセトアルデヒドは肝細胞を直接傷つけ、肝炎反応を誘発する。 肝細胞は繰り返しダメージを受ける。 中国の臨床では、肝臓がんの発生には、アルコールは一滴も罪がないという指摘がある。 特に、次の3つのグループは、飲酒によって癌の奈落の底に突き落とされている:

1.ウイルス性肝炎。

わが国のウイルス性肝炎は、主にB型肝炎とC型肝炎で、B型肝炎の患者数が最も多く、わが国の肝がん多発の基礎を築いています。

中国の肝臓がん患者において、HBV検査を受ける確率は90%と高いことが調査により明らかになっています。

ウイルス自身が細胞に供給することで、ゲノムの安定性が失われ、体内の細胞のがん遺伝子などの制御遺伝子の発現を活性化または抑制し、肝細胞の発がんを促進させるのです。

ウイルス性肝炎でもお酒をたくさん飲むと、肝細胞のダメージを悪化させます。

2.肝硬変の患者さん。

肝硬変は、最初に一つまたは複数の肝臓の病気があり、それが繰り返されると最終的に肝臓の障害につながる病気です。

私たちの臨床では、肝がん患者の3/4以上は、実は肝硬変がベースになっています。 肝硬変の原因には、ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害などがあります。

肝硬変を発症しても、アルコールをたくさん飲むと、肝細胞のダメージが悪化し、がんだけでなく、肝性脳症や消化管出血などの重篤な合併症を引き起こpatient monitor

3.2型糖尿病の患者さん。

まず、白ワインであれビールであれ、食物を介して発酵させた飲料である以上、本来は高カロリーの存在であり、アルコールを飲むと血糖値が変動し、病気のコントロールができなくなる可能性があります。

次に、糖尿病患者の場合、過剰な血糖値がヘモグロビンの放出を促し、それがさらに鉄の放出を増加させるということです。

鉄そのものは実は酸化促進物質で、酸化ストレスを増大させ、肝線維症や肝硬変などの問題を引き起こし、さらにアルコール障害の影響を受け、肝臓がんのリスクを高めることになるのです。

最後に、原疾患がなくても、長期の大量飲酒は、慢性アルコール性肝疾患、消化器疾患、心血管疾患などを引き起こす可能性があることを強調しておきます。

酔うと一時的に気が紛れますが、必ず目が覚め、現実に直面することになりますね。 肝臓の健康が損なわれていると、さらに回復が難しくなります。 だから、一刻も早くアルコールコントロールから脱却して、肝臓の健康を守ることが大切なのです。

しおり
記事一覧を見る

dgvxdhrfyの人気記事

  • 冠狀動脈疾病患者可以吃海鮮,冠狀動脈疾病患者的飲食這些要注意要掌握
    投稿日時:2020-07-01 13:55:25
  • Analysing the purpose and price of universities
    投稿日時:2019-06-24 18:31:25
  • 晚上睡前怎么護膚最好
    投稿日時:2019-07-30 16:14:57

おすすめトピックス

ビューティカテゴリーランキング

美容情報カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ