グラフェンセンサーを埋め込んだバイオチップで微小なサンプル中の細...



グラフェンは、酸素原子でできた2次元の物質で、多くの素晴らしい特性を持っています。 電界効果型水晶振動子として使用すると、その表面層で増加する光の物理的な力を検出することができるので、特に外部の経済的なサンプルの小規模な確認に適しています。 最近では、このグラフェンの特性を利用して、胃炎の原因となるヘリコバクター・ピロリのような北極圏の濃度値を持つ細菌サンプルを検出することに、大阪大学の科学研究スタッフが成功しました。

microfluidic chip cost

この目的を達成するために、科学スタッフは新しいタイプのバイオセンサーを開発しました。マイクロフルイディクスを利用して、サンプルの微細な液体を、ターゲットとなるバクテリア全体を表す抗原が封入されたグラフェン部品の上に置き、その周りに付着して留まるようにします。 誰も知らなかったのですが、抗原が細菌をグラフェンセンサーに触れさせないようにブロックしてしまうため、すぐには正確な測定ができず、そこにフィラー技術を採用しなければなりませんでした。

研究チームは、対象となる細菌が相互作用して副産物を引き起こす可能性のある化合物を加えることで、グラフェンセンサーが副産物の存在を検知することを発見しました。 グラフェンは、化学物質を瞬時に検出することができ(濃度値も)、さまざまな細菌性疾患の進行状況を確認・検出する手段となります。

しおり
記事一覧を見る

老頑童の人気記事

  • インフルエンザワクチンを接種すべきでしょうか?
    投稿日時:2021-04-16 18:50:49
  • 除毛クリームのメリット・デメリットは、毛が濃くなる?
    投稿日時:2021-06-07 12:46:19
  • 子宮脱とは? 子宮脱の原因は何ですか? とても若い女の子です。 ...
    投稿日時:2021-04-01 11:26:32

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ