ゆるやかな終息と始原の記事一覧

差延の実態は

決定論として、事前に組み込まれている「歴史の推移」を招くのであれば、アプリオリにあるものが因子として重要であり..

7学年下の花田清輝氏の場合

樹下石上の座禅に裏打ちされる西田哲学の理解にあって、アプリオリの位置するところは、存在論上は「先在」、認識論上..

ちょっと足早にメモしておくと

前奏曲、コラールとフーガでは、コラールの主題がフーガに再現します。

河上徹太郎氏は音楽理論を調べます

帝大経済から美学教室へと入学し直して、ピアニストを志します。フランクについては、主に交響曲の近代音楽としての意..

昭和のはじめの演奏会

演奏会で河上アヤ氏が、フランクの前奏曲、コラールとフーガを弾きました。これが、途中からくるくるとリフレインして..

ゆるやかな終息と始原の人気記事

  • 冷めやすいものは最初に、そうでなければ最後に
    投稿日時:2021-10-19 19:06:47
  • 差延の実態は
    投稿日時:2021-10-19 19:05:51
  • 北川景子氏
    投稿日時:2021-10-17 19:23:12

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ