インフルエンザワクチンを入手するにはタブーがあります!これらの人...


予防接種の禁忌

ワクチンの主成分にアレルギーがあることがわかっている人、または過去に深刻な副作用があった人は、ワクチンを接種すべきではありません。

予防接種時間

中国で流行しているインフルエンザウイルスは、必ずしも毎年同四價流感疫苗限らないため、ワクチン接種の対象となる人は毎年再ワクチン接種を受ける必要があります。

予防接種後、予防効果が出るまでに少なくとも2週間かかり、予防効果は1年間持続します。

予防接種は毎年9月中旬以降に実施し、旧正月と2月と3月のインフルエンザシーズンに対応するために、可能な限り11月下旬までに完了する必要があります。

安全性と副作用

インフルエンザワクチンは死んだウイルスでできています。季節性流感疫苗活性化されていないと、インフルエンザの予防接種からインフルエンザに感染することはありません。

予防接種後、注射部位に痛み、発赤、腫れが生じることがあります。発熱、頭痛、筋肉痛、吐き気、じんましんなどの症状が現れる人もいますが、通常は1〜2日で自然に回復します。

インフルエンザウイルスワクチンはまた、通常、ワクチン接種後数分数時間以内に症状が現れますので、すぐに治療を受けてください。

研究報告によると、妊娠中に不活性ワクチンやインフルエンザウイルスワクチンを接種した妊婦は、妊娠や胎児の有害行動のリスクを増加させませんでした。お気軽にワクチンを接種してください。

予防接種に関する注意事項

1.発熱があるか、急性の中等度の重度の病気に苦しんでいる人は、ワクチン接種の前に状態が安定するまで待つ必要があります。

2.生後6ヶ月未満の場合、使用効率や安全性などの臨床データが不足しているため、予防接種を行いません。

3.このワクチンの接種から6週間以内にギランバレー症候群(GBS)を発症した人は、評価のために医師に相談する必要があります。

4.卵アレルギーのある方は、注射後30分間入院してください。退院しても症状はありません。

5.抗凝固薬や凝固系の異常機能がある場合は、注射後少なくとも2分間、注射のさまざまな部分を加圧し、大量の出血や血腫が残っているかどうかを観察します。

6.予防接種後、持続的な発熱(48時間以上)、意識や行動の変化、呼吸困難、頻脈などの異常な状態がないか注意を払う必要があります。気分が悪い場合は、すぐに医師の診察を受けてください。可能。

しおり
記事一覧を見る

achusawの人気記事

  • How to deal with the problem of early childhood education in the face of virus Education
    投稿日時:2020-03-12 14:43:43
  • 你是否了解國外的一些教育水平
    投稿日時:2020-03-02 13:30:57
  • 教育方面父母經常犯的錯誤
    投稿日時:2019-11-22 12:49:43

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ