竹製のお箸を洗うときに使うと、清潔で雑菌のない状態になりますよ


毎日の食卓に欠かせない「お箸」。 私たちが使っている箸は木製のものが一般的ですが、しばらくすると黒くなったり、カビが生えたりします。 また、常に箸を交換するのはもったいない。 箸にカビが生えないように、箸を消毒するコツをご紹介します。 見てみましょう。

まず、鍋に水を沸かし、重曹やアルカリを入れ、家庭用の塩を入れて、bamboo knife箸を入れて約5分煮ます。

箸に付着しているカビは、世界保健機関(WHO)がリストアップしている発がん性物質「アフラトキシン」です。 炭酸水素ナトリウムとソーダはともにアルカリ性で、箸に付着したアフラトキシンを効果的に溶かし、徹底的に殺菌し、カビなどの有害物質を効果的に除去します。 塩を加え、強火で5分間加熱する。 これでほとんどの菌が死滅します。

火が通ったら、菜箸を取り出して再び茹でます。

黒い外観は完全には除去できませんが、事業所内の細菌やカビは完全に除去され、私たちの健康に影響を与えることはなくなりました。 箸がカビたり黒くなったりする主な原因は湿度にあるので、生徒たちは箸を洗った後、風通しの良い場所で一定時間水切りをし、できれば箸の筒をくりぬいておくと、箸がカビにくくなります。

お手持ちのお箸が黒くカビてしまった場合、新しいお箸に交換することなく、当社の調査方法で分析することができます。

しおり
記事一覧を見る

achusawの人気記事

  • How to deal with the problem of early childhood education in the face of virus Education
    投稿日時:2020-03-12 14:43:43
  • 你是否了解國外的一些教育水平
    投稿日時:2020-03-02 13:30:57
  • 教育方面父母經常犯的錯誤
    投稿日時:2019-11-22 12:49:43

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ