私にとって、モーリス・ラヴェルは。






高雅にして感傷的なワルツ




早朝の、一曲。




私にとって、ラヴェルは、悲愴を悲愴のまま、丁寧に、
残してくれるような。


ラヴェルのすべてがわたしには、入る。



しおり
記事一覧を見る

はくるままωおしりの人気記事

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ