未来のイメージ





最近、日曜深夜に放映している、アニメを見て、寝不足気味です、



どこの中学生やねん!ちゅう話ですね。







最近、土曜のアニメシャワー(古!今はなんて言う番組?)は見ないのですが、こればかりは見ざるを得ない。



このカットで何のアニメか分かる人は、結構なファンですね。







初めて見たのは、私が多分大学生の時。



NHKとはいえ子ども向けアニメで、確か土曜の晩、7時半ぐらいからやってたような。



当時はまだ、アニメ・イコール子ども向け、という図式が一般的。



それをたまたまチラッと見て、なかなか面白いなと思った記憶があります。



そう、未来少年コナンです。





ちょうどその頃、スターウォーズやブレードランナーといった、必ずしも明るくない未来、いわゆる終末的未来像を描く映画が、出始めていたような。



未来はユートピアではなく、ディストピアという見方は、小説の世界ではすでに一般的だったかもしれませんが、70年代子ども向けコンテンツでは、まだ珍しかったように思います。





その後、ナウシカが話題になり、宮崎駿という名前が知られるようになるのですが、コナンもナウシカも、核戦争のような全面戦争後の世界観を具体化しています。





コナンの映像は、地球温暖化で水没する未来を、予見していたかのよう。



その後の宮崎アニメ遍歴の、はじまりでしたね。









思えばストーリー性よりも映像の美しさを、音楽は歌詞よりも楽曲の素晴らしさを求めていたような気がします。



そう思えば、ワタシは詩人にも小説家にもならなかった、なれなかったのは当然で、画家や作曲家志向だったのですね。

どっちにも、なれませんでしたが。





ただ、美しいもの、良いものを分かる感性だけは、それなりに磨かれたと思います。それなりに。







上の娘がまだ3歳の時、ラピュタを見に行きましたが、途中ですやすや寝てました。無理もない。



でも小学生以降は、しっかり見たと思います。親子で。





子どものためなのか自分のためなのか、どちらかと訊かれると、多分自分のためですね。



アニメの美しい画面や、眼を見張る展開は、私を魅了してやみませんでした。



宇宙戦隊ロビンから、攻殻機動隊まで、その未来は実現すれば、すごくも恐ろしくもあり。





今は空飛ぶ自動車が楽しみですね。事故はこわいけど、社会の変革は技術の普及から。



コロナでZoom などのビデオ会議が普及したように。









(^_^)☆










しおり
記事一覧を見る

sabの人気記事

  • 机の片隅
    投稿日時:2020-10-24 22:27:46
  • ポインコ
    投稿日時:2020-11-02 20:26:02
  • 留美子グッズ
    投稿日時:2020-10-16 22:17:24

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ