シークレット・ミッション 韓国映画 感想 (※ネタバレ含む)

あんにょん。


昨日見た映画の感想を書きたいと思います。
ネタバレ含みますので注意!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

韓国映画「シークレット・ミッション」




この作品は北朝鮮の超エリートスパイが韓国で潜入捜査をするお話です。

人々の温かさと生きるとは何か、考えさせられます。
あと、我々が普通に送っている今この日常がどれほど尊いものかも同時に考えさせられました。

頭の弱い単純な感想から述べると眼球が溶けるかと思うほど泣きましたT T
大洪水です。。。

それはさておき、南の貧民街で馬鹿を演じるのが超エリートスパイのリュファンです。ドングとして街に溶け込んで南の国民を監視しながら北からの指令を待ちます。
このドングを拾ってくれたのがスーパーを営むおばさんなんですけど、このオンマがすごく…良いばばちゃんなんです…。
肝っ玉ばばちゃんみたいな…話変わりますが、女の人はばばちゃんになると強くてたくましくなりますよね。愛おしい…ばばちゃん。
さておき、このオンマがとてもいい味を出してくれる役柄で、、、
リュファンに自決命令がくだり、ドングが元の場所に帰るとオンマに伝えるとオンマはあんたが着てた服だよとドングを拾った日に着ていたスーツを渡してくれます。それに交通費も入れといたと通帳も一緒にくれるんです。給料が少ないって悩んでいただろ。と…。ドングは受け取れないというのですが、退職金だと思いな。と渡してくれます。そしてこの通帳が…
ドングは死ぬ間際にこの通帳を見るのですが、お金の名目が日を追うごとに変わっていくんですね。「ドングの給料」から「うちのドング」に変わり、もうこのウリドングの時点でこっちは大洪水なんですけどね…「うちの次男」(オンマには息子がいます。ドングにとってはヒョン。)に変わり最後は「息子の結婚資金」になっているんです。
ドングはそれをみて「こういう風に生きたかった」と言います。
私たちの平凡で普通は、北のスパイたちにとっては何よりも遠いものなんですよね。普通に生きている今この瞬間が訪れないんです。彼らには。
泣きました。途中で頭が痛くなるほど←

もっと話したいことはあるのですが、このばばちゃんとリュファンの出会いと関係が何より心を打たれましたね。


そしてもう一つ。


これたぶん腐女子が好きなやつなんですが、リュファンを班長と呼ぶ更に幼くて若い部下が同じ地区に監視員として来るんですよね。

この子…へジンくんはどうしてもリュファンの傍にいたかったのかすごく努力してリュファンを追って南に来るんです。

そして、、、リュファンに無償の信頼と愛…?敬愛なのか純愛なのか…とにかくくそでか感情を抱いてるんですよね。
国とか二の次で班長が一番みたいな…。可愛いです。
しかしリュファンは弟としてしか見てないっぽいのもいいですね。
BLっぽいのにBLが始まらない感じ。

あともう一人紹介したいのがリュファンと同じくスパイとして潜入してくるヘラン班長!もう美形。
美形だし本当に北の工作員か?ってくらい軽薄で俗っぽいんですよね。
リュファンは少し良いなと思っていた女性と「一緒にシーソーに乗りたかった」とすごく、もうすごくそこら辺の少女よりも純粋無垢な夢を語るので彼は間違いなく北の工作員ですね。
ヘラン班長に話を戻して彼は人生どうでも良さげでかっこよく生きてかっこよく死ぬをモットーにしているんです。何やらシンパシー。
その言葉通り最後は本当にかっこよくヘランらしく散ってゆきました。。。
彼には生きてほしかった…。



さて話したいことはもっとありますがとりあえずこのくらいにします。


貧民街の皆様との慌ただしくせわしないけど平和な日常やオンマの温かさ、平凡に生きることがどれほど尊いか、考えさせれる作品でした。






あんにょんひがせよ〜〜。
しおり
記事一覧を見る

ちゃなの人気記事

  • 映画見たい!
    投稿日時:2020-07-17 20:03:09
  • 美酢♡
    投稿日時:2020-07-11 23:58:21
  • スイーツとけちゃう。
    投稿日時:2020-07-22 21:36:12

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

音楽カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ