若返り病E〜最終回〜

昨日のことがあったからだろうか。
俺の気持ちに変化があった。
同い年ぐらいの子と話をしているとなんだか楽しいのだ。
同い年と言っても6、7歳ぐらいの子供であって大学生ではない。
昨日のことを受けて、大学生とは何か遠いもののように感じるようになった。
少なくとも周りの子達に囲まれていると、背丈や食事、勉強内容で劣等感を感じることはない。
皆だいたい同じなのだ。
それが今の俺にはなんだか落ち着いた。
タカシ君、今日家に遊びに行っていい?
こういう誘いも最近増えた。
俺は
うん、いいよ。
と笑顔で答えるようになった。
他の子供に交じってたくさん遊ぶようになった。
毎日勉強に遊びに一生懸命で、家に帰っても寝てしまうことが多くなった。
そのせいで薬を飲み忘れることも増えた。

タカシ君の身長は105pだね。好き嫌いなく食べて大きくなろうね。
身体測定でそう言われた。
連絡帳を見た両親が俺の身長が縮んでいることに気付いた。
泣き叫ぶ俺を無理やり病院に連れて行った。

びょおいんのせんせいはぼくに
おくすりはちゃんとのめてますか
ときいてきました。
ぼくはおくすりはきらい
となきながらこたえました
せんせいはおかあさんとしばらくはなしをしました
そしてせんせいは
こんどはみんなとたくさんあそべるところにいこうね
といってくれました

いまぼくはおなじぐらいのおとこのこやおんなのことあそんでいます
たまにしょうがくせいのおにいさんやおねえさんがあそびにきてくれます
そしてけんたというおとこのことおともだちになりました
けんたおにいちゃんはぼくのことをしっているみたいでした
あとあきとくん、なみちゃんというけんたおにいちゃんよりもおおきなおにいちゃん、おねえちゃんもきてくれました
みんなぼくをしっていましたが、ぼくはまったくしりません
でもなかよくあそんでくれます
みんなやさしいです
らいねんはしょうがっこうにはいります
おにいちゃん、おねえちゃんみたいにがんばりたいです
しおり
記事一覧を見る

若返る人と小さくなる人の人気記事

  • ●若返る特殊能力〜告白〜
    投稿日時:2019-07-02 01:15:14
  • ●若返る特殊能力〜3歳児として〜
    投稿日時:2019-07-10 01:19:15
  • ●若返る特殊能力〜高校生として〜
    投稿日時:2019-07-03 22:03:17

おすすめトピックス

小説カテゴリーランキング

小説全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ