辛い5日

12月の初旬から
妊娠した


妊活をして半年くらい経って
生理不順を徐々に整え
通院して、又止まったかと思った所
その判断に最初は驚きが強かった




いつも休みの日は1人で
最初の喜びを声で分かち合う事は出来ず
両親に確か電話で伝えたと思う


旦那になった彼にも伝え
周りに伝える事でだんだん嬉しさが増幅した


喜んでもらえたのが
嬉しかった


式も旅行も正月も終え
長距離の移動が続いたが
2回目のエコーもしっかり写り
ちゃんと成長してるんだなと
改めて理解出来た。今度は1人でも嬉しかった



つわりの症状も出た
食事が減ってしまったけど
食べれるモノは食べた
サプリは控えて
この時鉄分と葉酸はとるべきだったか




8週目心拍が確認出来ず
次の週に又見る事に。
この間に不穏を覚えた。まさかと
祈る事と、食事を頑張ることしか
できなかった




無理だった



やっぱり流れた





急遽手術の準備を進めた


絶望しながらもするべき事をした



説明されて、昨日手術をした



朝早くに準備して
着替えて
看護婦さんについて行って
台に乗って、血圧を左で、
右に点滴で麻酔が入った
脳が強制的にシャットダウンされて
すぐに意識は無くなった


耳が1番最初に機能して
運ばれている事はなんとなく分かった
固いベットに横にされ
名前を呼ばれて手で返事の意志を示し
身体が重いからすぐに意識をまた無くす
脳だけが動いた。
看護婦さん達の声が朧気にずっと聞こえて



時々眼球を開けるが、少し動かすだけで
きつかった。下になった左腕が少し痺れた
繰り返すうちに徐々に麻酔が抜けて
虚ろに意識を戻していく


「ごめんね、
1ヶ月ちょっとだったけど、
嬉しかったよ」


私の妄想癖だろうけど
右上の脳からそう流れてきた気がした




「ありがとう。さようなら。」
私は脳の中でそう言った





終わったんだ。





1時間半程で動けるようになった
まだ頭はぐらつくけど歩いて受付を済ませた





彼とお昼を一緒にした




久しぶりに食べるトンカツが
美味しくて、悲しかった。
つわりの時は食べれなかったから
美味しいと感じる事が少し久しぶりで
戻ったんだと思った。




そのまま家に送って貰い
1人になってまだ少しだるい体を
眠らせた。





夢を見た。何故かまだアイツが出た


目覚めた時まだ喉の乾きが
残ってた(手術の影響で)





今日はだるさも無くなり
ずっとネットで色んな情報と
人の体験談を見た。




みんな苦しんでいるんだと
少し楽になった。



体の中の下にいたモノが
無くなったのが横になるとよく分かる


短い間だったけど、
ずっと私と一緒にいたから
寂しいと思う。職場にはもう安定期
に入った人がいる。それを見るのが
又きっと辛いだろうけど
幸い2月いっぱいで私は退職する
予定だったから。





私も身体を休めて
医者と相談して又立ち直る。




時間をかけてしまうけど


どうか次の奇跡を


見守っていて





ありがとう






YUN(( •ω•ฅ)
しおり
記事一覧を見る

YUNの人気記事

  • アルミンのセリフ
    投稿日時:2018-02-18 22:39:32
  • かぼすだよ
    投稿日時:2018-08-30 00:04:51
  • そもそも
    投稿日時:2018-09-09 22:25:26

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

趣味全般カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ