走馬灯

最近まじで死にテー
 
 
新しい店で、早くも嫌われてる気がするってゆーか、嫌われてるらしーんだけどなんで?
 
 
どこ行ったって嫌われるけど、やっぱ性格悪いから
 
 
なんかさ、「あ、この人わたしのこと良く思ってなさそー」って直感した時とか
 
 
他人から「悪口言われてるからうまくやれるよう気をつけて接して」って忠告とか受けると
 
 
「えーわたしなんかしたかー?思い当たんないんだけど」ってその瞬間はチーンて感じで落ち込むんだけど
 
 
ほんと一瞬てゆーか、二分後くらいには「どーせわたしの人生に必要ない奴に何言われようがどーでもいーわつーかうぜー」って切り替わってる
 
 
てことで、入って間もない今の店でも何故か早くも嫌われてるそうです
 
 
嫌われてるって表現ではないけど、ニュアンス的にそんな感じで店長に言われたよね
 
 
だから「あ、そーゆーの慣れてるんで平気でーす」って返して帰宅したけど
 
 
言われた瞬間はチーンだったよ、平然装ったけどね
 
 
この前の劇的ビフォアーアフターみた?
 
 
埼玉の団地が350マンで売られてて、それを妻子ある芸人が買って、クッソボロボロだったのを200マンでリホームしたやつ
 
 
家って何千万単位かと思ってたからまず350で買えるのにビックリだったし、200であそこまで綺麗になるのもビックリだった
 
 
私さ、親を亡くしたのが高校生だったじゃん?
 
 
親、私を早くに産んでるから「え、高校生の娘さんがいらっしゃるの?!」的な年齢でさ
 
 
死んだ年齢も若かったんだよね
 
 
なんか漠然と、私もそれくらいの歳になったら同じような病気で死ぬんだろうなって思ってたんだけど
 
 
そうじゃない可能性もあるんだよなーってことに、親が死んだ年齢に近づくにつれて思うようになってさ
 
 
死ぬのは怖くないんだけど、親の年齢と同じ年齢を迎えるのは凄く複雑だし何故か怖い
 
 
そしてそれを越えて生きることはもっと怖くて
 
 
うまく言えないけど、長生きするかもしれないことがとにかく怖い
 
 
早死するとばかり思ってたから適当に生きてきたし、現在も適当に生きてる
 
 
だけどこのままいくと親の年齢を越えて生きるんだろうなって
 
 
まだまだ親の年齢になるまで数年あるけど、長生きしたくないし、水の仕事も長くは出来ないし、
 
 
じゃあその時わたしどうやって生きてるんだ?って考えると恐ろしいんだよね
 
 
ソンナ矢先に劇的ビフォアーアフター見て、そんな安く家買えんならイーワナ!と
 
 
だって家賃て無駄じゃん
 
 
まあ場所は埼玉で、チク44年のボロ団地だったから安いってのもあるんだろーけど
 
 
クソババーになったら水仕事したくないし、家賃に苦しみたくないし、家買えるなら買いたい
 
 
私東京に未練ないんだよね
 
 
なんなら地方に住みたいんだ
 
 
地方は地方で大変てゆーか不憫てゆーか不便てゆーか、あるんだろーけど
 
 
普段他人に、シネコラとかクソがとか思ってる私だけど
 
 
ほんとは他人にありがとうとか、感謝したり優しくしたりしながら生活したいんだ
 
 
とかいーつつ東京にずっといそーだから、感謝とか無縁てゆーか、一生無理だろうけど、家賃に困りたくないから家は買うなりしたい
 
 
550なら貯められそうだけど、買ってからも確か定期的に家のためのカネとられるんだよね?
 
 
老後のために貯金しときゃ良かったとか思うけど、老後があると思ったことなかったから稼いだら食い物に使ってた
 
 
死ぬとき、人生が走馬灯するとして私は何を思うのかなって考えたんだけど
 
 
親と過ごした日々を見るのだろうなって思う
 
 
寂しくて、悲しくて、辛くて、愛された17年間
 
 
死ねるスイッチがあるなら迷わず押すけど、それをしたら親不孝者だからきっと親には会えないんだろうなと思う
 
 
なぜ治せない病気があるのだろうね
 
 
何十年も研究してるのに
 
 
なぜ治せないんだろうね
 
 
何故私の親だったんだろう
 
 
何故私の親だったんだろう
 
 
何故私は生きているのだろう
 
 
中島美嘉のうたで、オールウェイズかな?
 
 
たとえば、きみがわらうだけで、あしたがみえるきがした
 
 
みたいな歌詞があるんだけど、ほんとそうだなって当時思ってた
 
 
どんな形でも、生きていてくれって思ってた
 
 
JUJUの明日がくるならとか、聞いたばかりの時は大泣きしたし。
 
 
中島美嘉のオールウェイズは親友がなにげなくカラオケでうたってて、はじめて知った曲だったけど聞き入って涙出たなー
 
 
親が笑ってる写真、私はいまだに見ることが出来ずにいるんだよね
 
 
しんだ日が昨日に感じるから
 
 
会いたくなる
 
 
声が聞きたくなる
 
 
愛してると伝えたくなる
 
 
だから、親を感じることを拒絶してしまう
 
 
遺影も、何もかも、見えないようにしまってる
 
 
見ないようにしてる
 
 
だけど愛してるし、会いたい
 
 
死にたい
 
 
やまもときっどが早死したけど、うちの親は彼よりも若くして死んでる
 
 
いまのわたしは外でニコニコ、家で泣いて、ブログで本性晒す
 
 
私はなんのために生きてるんだろうって思う
 
 
人に誇れるようなことがなにもできてないクソ女だけど、自分に対して誇れるのは、死にたいけど生きてること。
 
 
ただそれのみ。
 
 
人に誇れることはなくても、自分には誇れる。
 
 
親孝行、生きてるうちには出来なかったけど、どんなかたちであろうと私が生きてる事があの世にいる親への親孝行になってると信じたい。
 
 
店長しんでほしい
店長だいっきらい

しおり
記事一覧を見る

ジーザスの人気記事

  • うまくいかない
    投稿日時:2019-05-09 07:02:28
  • 全滅からの全滅でござります
    投稿日時:2019-10-15 04:23:29
  • 人騒がせな不細工ブーン
    投稿日時:2019-06-17 21:42:04

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

お悩みカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ