3本足の猫 ひじき

いつも
ありがとうございます


今日は私が動物病院で
動物看護士として
働いていた時にやってきた
猫ちゃんのお話


主人公はこの子









この子の名前はひじき(〃ω〃)

見てわかるかな?
この子は脚が3本しかない



初めてこの子が
病院にやってきた時には
まだ脚が4本ありました

でも右前肢は怪我で
壊死寸前でした

飼い主さんによると猫通しの喧嘩で
まだ幼かったひじきは
怪我をしてしまったそうです

先生が傷の手当てをして
これから毎日
様子を見せに来てください
とのことになったのですが‥


次の日からひじきが病院に来ることは
ありませんでした


数日後
動物保護センターから電話が

「そちらの病院で
治療したと思われる子猫が
安楽死希望で捨ててありますが
どうしましょうか?」

との内容でした。

院長先生は
すぐにひじきを引き取りにいって
ひじきの脚が完全に壊死して
命が危ないことに気づきました


ひじきは
傷が良くならずに飼い主さんから
捨てられたのです。


院長先生がすぐに手術して
脚を切断し命は助かりました


それからひじきは病院のマスコットにゃんこ♡
甘えん坊の元気な女の子です


くれぐれも命を粗末にするのは
やめましょう。
ひじきみたいな子が
1匹でも少なくなりすように。



おわり
しおり
記事一覧を見る

きくぞうの人気記事

  • 中絶を決めた日
    投稿日時:2018-11-24 09:50:28
  • 1回目の妊娠A
    投稿日時:2018-11-21 10:08:59
  • 中絶手術〜1週間後〜
    投稿日時:2018-12-02 15:09:40

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ