買取ショップは比較してブックオフより高く買取してもらおう

大掃除をして、読み終えた小説や漫画がたくさん出てきたので、ブックオフに持っていくことにしました。
およそ20冊ほどです。小説には最近発売されたものや、小説の中でも比較的人気のある、東野圭吾のものもありました。
漫画は単行本の読み切りタイプの少女漫画です。それほど状態も悪くなかったし、カバーやしおりなども全て取ってあったので、値段的にも安くないだろう、と思い、期待して持っていきました。

また、以前ブックオフに行ったときに雑誌のコーナーがあり、女性のファッション誌もたくさん売っていたので買い取ってくれるのか半信半疑ではありましたが、
その月の読み終えたファッション誌も一緒に持っていきました。

査定の間、中で立ち読みをしたりして過ごしましたが、私の前にもレジ横や後ろにたくさんの袋に入った本やCDが山積みになっていて、査定を待っているような方も数人いらっしゃいました。
時間がかかりそうな雰囲気はありましたが、もう既に本を査定に出してしまったので待つことにしました。

店内アナウンスで査定の終了をお知らせされますが、なかなか私の番号は呼ばれず、40分ほど店内をウロウロしながら待っていました。
出来れば受付のときにおよその時間を案内して欲しかったです。時間が無いときはちょっと待つには厳しいと思います。

やっと私の番号がアナウンスされ、カウンターに行くと「240円になりますが、よろしければサインをお願いします。」と言われました。
想像よりもはるかに安かったので戸惑いました。雑誌は1冊を除いて「こちらは買い取り不可になりますので、お持ち帰りされるかこちらで処分します。」と言われました。
雑誌は仕方ないと思いましたが、小説はどうしてこんなに安いのか疑問でした。

でもどうせ捨てるのなら、こちらで処分して下さるのであればしてもらった方が私も楽なので、処分はお願いしました。

どんなものが買い取りできて、どんなものが買い取り不可なのか詳しく知れたらいいな、と思いました。
店内にはかなりマニアックな技術書や受験本、小説やエッセイなどが置いてあるので、どんなものでも買い取りしてもらえると誤解していました。
安かったでかえってネットで高くるう方法を調べてみました。


ブックオフの買取の評判はあまり芳しいものではなく、私と同じように買取が安いと思っている人が多くいました。
高く売るにはいろんなショップを見て回る方がよいようです。
買取価格を比較できるサイトもあるので、事前に見積もりを比べることもできるようです。
参考:買取比較帳:本・CD・DVD・ゲームの買取比較サイト

私が売りに出した本も1冊で500円を超える買取査定のお店もあり、これだけでもブックオフよりも高く売れそうです。
ちなみにブックサプライというお店ですが、ここは初回利用に限り2000円のボーナスもついてくるようです。

ブックオフに持ってくのは最終手段にしてこれからはお店を選んで買取に出そうと思います。

しおり

記事一覧を見る

このブログの人気記事

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング
ピックアップブログ
新着おすすめブログ