18章−1 ソロかバンドか

18章 ソロかバンドか




そんなある日、ソロデビューの話が僕に舞い込んできた。





何度かバンドのライブに来てくれていた大手事務所の方が、僕を誘ってくれたのだ。




精神的にも金銭的にも余裕がなかった僕は、話だけでも聞いてみようと、
赤羽橋にある事務所へと向かった。




もちろんメンバーには相談をしていた。




するとみんなは





「良かったじゃん!話だけでも聞いてきなよ!」


と快く見送ってくれた。




僕は後ろめたい気持ちになりながらも、その可能性を捨てられなかった。




藁にもすがるような気持ちだった。





案内された部屋でひとり待っていると、ガチャっとドアが開き、怖そうなおじさんが現れた。



ガッチリした体格で細いメガネの奥は、鋭い目が覗いた。



僕は騙されてどこかに売り飛ばされるんではないだろうかと勘ぐったが、
おじさんは低い声で僕にこう話した。




「滝谷です。松井くんのライブ見たよ。これから会議にかけるけど、うまく決まったらウチに所属してデビューしないか?」




「ありがとうございます。でもそれはバンドでは駄目なんですか?」




「ウチとしてはソロとしてしか考えていないよ」





「わかりました。メンバーにも相談しなければいけないので、明日電話してもいいですか?」




「もちろんだよ。」





そう言った滝谷さんは僕に名刺を渡し、少し時計を気にした後、部屋を出た。





嬉しかったが、それ以上にメンバーにどう話し、自分がどう進むべきか迷い、悩んだ。





こんなチャンス滅多にないじゃないか。





またメジャーに戻り、やり残した事を取り返せるじゃないか。





でもメンバーを裏切るのか?





手に入れた仲間はいらないのか?





アクアリウムスターズはソロよりもカッコいいからやってるんじゃないのか?




と、数々の疑問符が僕の心を揺らした




赤羽橋からの帰り道
しおり
記事一覧を見る

yuhiの人気記事

  • 19章−1 2度目のデビュー
    投稿日時:2012-06-20 14:17:03
  • 2章-1 野球部時代
    投稿日時:2012-05-19 03:53:23
  • 1章 ジュノンスーパーボーイコンテスト
    投稿日時:2012-05-19 03:47:49

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

タレントカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ