oujoiaeraweのblog

EDは、「器質性ED」と「心因性ED」の2つに分けられます

EDは、「器質性ED」と「心因性ED」の2つに分けられます。

そして、精力剤がアプローチするのは、シアリス 通販体質の衰えにより発症する器質性EDです。

逆に心因性EDは、過去のトラウマ、プレッシャー、ストレスなどにより精神的に勃起できない症状を言います。

そしてこれは、症状が本人の精神状態に依存しているため、精力剤も勃起薬も効きにくいのが特徴で、改善が非常に難しいのです。
心因性EDになるケース@ 〜妻のプレッシャー〜

心因性EDイメージ

「ねぇ、私の体、妊娠する上では全く問題ないって言われたんだけど、やっぱりあなたの方に問題があるんじゃない?」

30代半ば、いい加減第一子が欲しい夫婦。しかし、セックス自体を「性的至高」としてではなく、子作りとして捉えてしまっているため、なかなか行為を楽しむことができません。

そのうち夫は、子作りというプレッシャーの重さから、勃起を誘発しなくなり、「妻では勃起しない」という状態が訪れます。

これが原因で離婚に追い込まれるケースもありますが、お互いにしっかりと理解しあえば解決できる問題です。
心因性EDになるケースA 〜仕事によるストレス〜

心因性EDイメージ

なんと新人Aさんは入社1年目にして大プロジェクトの中枢人物に大抜擢!!

持前の責任感の強さとガッツ、社交性でなんとか手に入れたチャンス。

しかし、そう考えれば考えるほどより一層重くのしかかるストレス。

別に上手く言ってないわけではないが、しっかり数字が獲れることを確認できるまでは不安で仕方がない。

もしコケたら…。上手くいかなかったら…

そう考えると、仕事が終わり家に帰ってもハラハラ感が中々離れず、彼女の顔を見てもあまり癒されません。

もちろん、セックスレス状態も続き、彼女が誘っても体がなかなか受け付けない体質へとなっているのです。

しかし、威哥王プロジェクトが無事成功し一段落すると、Aさんの症状は一気に改善。その功績も認められ、異例の出世コースを歩むこととなりました。
心因性EDになるケースA 〜性的虐待を受けていた幼少期〜

心因性EDイメージ

過去のトラウマはいつまでも心の奥底に引っかかり続けます。

それは仮に本人が忘れていたとしても心の深いところで密かにくすぶり続け、とあるタイミングでその引き金は引かれ爆発します。



30代のBさんは、原因不明のEDに苦しめられていました。

妻と一緒に病院へ行きバイアグラも処方してもらいましたが、それでも勃起せず、状況は悪くなる一方。

専門医師は、もしやと思いカウンセリングを試みました。

すると明るみになったのです。本人も忘れていたつらい幼少時代が…



妻も知っていましたが、Bさんは施設に預けられて育ちました。

しかしそれは小学校に上がってからの話であり、その前の記憶は一切無いのです。

でもBさんは、たぶんまだ母親と過ごしていたんだろうと言います。

しかし催眠療法で明るみになったのは、母親に捨てられた後、施設に預けられるまでの2年間は親戚のおじの家で育てられたという事実です。

そしてBさんはそこで非常に苦しい思いをします。性的虐待を受けたのです。

悲鳴を聞いていた近隣住民が通報してくれたおかげで施設に引き取られ、

Bさんは次第にその嫌な記憶を忘れて行きました。

しかし、完全に忘れられたわけではありません。

大人になった今、正に「性」を目の当たりにするその行為がトリガーとなり、EDを誘発していたのです。
心因性EDの解決策

心因性ED向けの精力剤はない為、オススメできる商品というのはありません。

パートナーがいる場合、まずは理解しあうことが大切です。

特に女性は、自分に魅力が無いせいで勃起しないと思い込み、辛く当たったり、嫌味を言ってしまうこともあると思いますが、しっかりと受け止めてあげてください。

また、心因性EDは精力剤が効かないと言いましたが、精力剤を飲んでいるという安心感が回復に繋がる可能性もあります。

現実逃避でそういうお店へ通ってもいいでしょうし、とにかく、心因性のEDの可能性があれば、専門医の診察を受け、気長にゆっくり回復するのを待ちましょう。

トピックス

ブログランキング

人気のブログテーマ記事

テーマ:反抗期ってあった?