不安神経症について

不安神経症
不安障害

わたしが昔、
診断書に書いてもらった病名。



これらってどうしても
心だけの病なんだって思われがちなのよね。


違うってことを
理解してもらいたくて。



症状としては
小さいものから、
大きなものまであった。


瞬きすると同時に
アゴが閉じてみたり

目を瞑るとめまいしてみたり

手足が痙攣したり
それで文字も書けなくなったり…。

もちろん、睡眠にも障害おきたし
日中もクスリの副作用と
胸痛とか恐怖と戦ってた。


抗うつ剤
睡眠導入剤
副作用対策の薬



薬も自分に合うの探したこともあった。
中毒なりかけたこともあった。


感情には不釣り合いなほどの
恐ろしさが襲ってくるのよね。

またあの怖い思いするのかなっても考えて悪循環。


いなくなりたい願望はあっても
死ぬ勇気なんかもちろん無い。


生きるのが辛いのに
5秒後に飛び降りる勇気もない。


泣くという動作ができなくなってたなぁ。


感情に薬のんで治るはずがない。
でしょ?


でも不安神経症は
薬飲んでて治った。

だから、心の病って思われたくない
心療内科とはいうけど
心だけのもんだいじゃない。


脳が危険信号だしてるんだ。





今では泣けるようになって
喜怒哀楽が戻ってます。


入院してて
不安尽きなくて
ストレス半端なくて
帰りたくて

またこの頃に戻るんじゃないかって
怖いけど。


守らなきゃいけないものがあるから
必死に地に足つけて立ってる。




たまには
頑張ってること褒めて欲しいなって思うけど
これが当たり前だから仕方ないのよね。



以上、私の中の
不安神経症、不安障害についてでした。
しおり
記事一覧を見る

黒の人気記事

  • 20180916山形
    投稿日時:2018-09-17 07:49:11
  • 20190103誕生日。
    投稿日時:2019-01-07 23:55:57
  • スーツ買ってくれた時のこと。
    投稿日時:2018-09-12 00:10:31

おすすめトピックス

日記カテゴリーランキング

日記カテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ