【「バチェロレッテ」第5&6話見どころ】“略奪”めぐり男性陣が激しいバトル・号泣…2on1デートでルール破りの展開に

ニュース
モデルプレス
2020/10/19 00:00
【モデルプレス=2020/10/19】16日よりAmazon Prime Videoのリアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」のスピンオフ番組「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1の第5話と第6話が独占配信開始。見どころを紹介する。<※ネタバレあり>

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1エピソード5(C)2020 Warner Bros. International Television Production Limited
(写真 : 『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1エピソード5(C)2020 Warner Bros. International Television Production Limited)

【写真】女性版「バチェラー」初代バチェロレッテはセレブモデル福田萌子

◆【「バチェロレッテ・ジャパン」第5話】“ストールン・ローズ”の権利をめぐり激しいバトル

ついに台湾編も残りわずかとなり、冒頭のグループデートはバチェロレッテ福田萌子(ふくだ・もえこ)らしい早朝ランニング。福田のハイスピードに男性陣も必死に食らいつく中、ついに実業家の黄皓(こう・こう/33)が1on1デートに誘われる。絶景を眺めながらの温泉デートに、身も心も開放的になった2人。素敵な雰囲気が漂う中、福田は「自分の人生を肯定できた気がする」と涙を流し、ローズを渡した。

一方、デート中の男性からデートを略奪できる可能性を秘めたローズ“ストールン・ローズ”を使用する男性がついに現れる。

料理研究家の北原一希(きたはら・かずき/28)、歌手の當間ローズ(とうま・ろーず/26)、画家の杉田陽平(すぎた・ようへい/35)の3人がグループデートに呼ばれ、台湾で一度もデートに呼ばれなかった通訳のエバンズ・マラカイ(23)、オーダースーツテイラーの牧野龍介(まきの・りょうすけ/28)、金融業の榿澤涼太(はんのきざわ・りょうた/28)の3人は焦りの表情。全員が“ストールン・ローズ”を使いたい意思を表明し、自分が使うべき理由を主張し、激しい討論に発展。マラカイは強い口調で討論を進め、これまで見せてきた穏やかさとは違う一面で驚かせる。

討論の末、1on1デートに一度も呼ばれていない榿澤が頭を下げ、“ストールン・ローズ”を使うことに。

福田がグループデートを終え、ローズを2人きりのクルージングに誘ったところで榿澤が登場し、“ストールン・ローズ”を差し出すが、福田の答えは「ごめん…」。差し出した腕を優しく下げられ、榿澤は「嫌です!萌子さん、お願いします!ここで帰れないです」と号泣して食い下がった。福田は「自分の中で今日は誰が来てもローズくんと一緒に過ごしたいって強く思ってた」と断り、2人のドラマチックな攻防にスタジオも「これはついに名場面出ましたね!」と驚いた。

◆【「バチェロレッテ・ジャパン」第6話】2on1デートで予想外の展開に

舞台を日本に移し、いよいよ後半戦へと本格突入。男性陣5名の関係性もさらに深まった矢先、ついに番組恒例の「2on1デート」が幕を開ける。

選ばれたのはローズとマラカイ。信頼し合うライバル同士の対決に、一同複雑な想いを抱える中、福田が用意したデートは共通の趣味である乗馬だった。しかし、決断のときとなりこれまで以上に辛い表情を浮かべた福田は「今日はどちらにもローズを渡すことができないし、どちらともお別れすることはできない」と悩み抜いた末にルールを破ってまで2人を残した。

そして、2on1は一旦白紙になり、翌日改めて1人ずつ濃密な時間を過ごした2人。結論はローズセレモニーまで保留となった。

夜は残りの3人で福田とリラックスしながら会話を楽しむが、恋愛観の話題である男性の曖昧な回答に福田は疑問の表情を浮かべる。そして、「たまらなく好きです、萌子さんのことを考えると成長できるし、びっくりする明日になる」と涙ながらに伝えた男性に福田は胸を打たれる。

ここでは2名の男性の脱落が決定。男性は残り3名となり、恒例の男性陣の家庭訪問へ進む。

◆男女逆転版バチェラー「バチェロレッテ・ジャパン」とは?

日本で既に3シーズン配信されている「バチェラー・ジャパン」は、成功を収めた1人の独身男性=バチェラーのたった一人のパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる約20名の女性たちが競い合う「婚活サバイバル番組」だが、「バチェロレッテ・ジャパン」は独身男性ならぬ独身女性が主役となり、多数の男性候補から未来の結婚相手を選び抜く、言わばバチェラーの「男女逆転版」作品。

本国アメリカでは「The Bachelor(原題)」の男女逆転版として2003年に放映されてから、計15シーズンも制作。様々なシチュエーションで展開される豪華でロマンチックなデートや国内外での旅を通じて真実の愛を探す旅を追いかけ、旅の中で繰り広げられる、バチェロレッテと男性参加者との感情のぶつかり合いや男性陣のアツいバトルが見どころとなる。

スタジオMCはSHELLY、ナインティナイン。本編司会進行役はこれまで同様に坂東工が務める。

◆初代バチェロレッテはセレブモデル福田萌子

日本の初代バチェロレッテに選ばれた魅力あふれる独身女性は、沖縄県那覇市出身の32歳、福田萌子(ふくだ・もえこ)。福田はその長身を生かして中学生の頃からモデル業をこなし、2010年ミス・ユニバース・ジャパンでファイナリストに残り3位に入賞。

現在は、「adidas Global Ambassador」、「COSMOPOLITANICON」を務めるなど輝かしい経歴を持つほか、ロードバイクをはじめマラソンや登山、セパタクロー、キックボクシングといった10以上のスポーツを日頃から世界各国で楽しみ、フィットネス&ライフスタイルメディア「Women’sHealth」のアワードを受賞。さらに「WOMAN in SPORTS」で「スポーツを通じて社会貢献をしている女性」にも選ばれるなど、スポーツトラベラーとしても活躍している。

女優業にも挑戦し、沖縄テレビ「ハルサーエイカー」、「ハルサーエイカー2」では主役を務め、2017年には園子温監督作のAmazon Original「東京ヴァンパイアホテル」に出演。実家は、室町時代から続く大地主の家系であり、国内に10軒の住宅を所有、何台もの高級車を乗りこなしている規格外のお嬢様として知られている。

◆「バチェロレッテ」福田萌子に絶賛の声

初代バチェロレッテの福田はチャーミングで柔らかな雰囲気をただよわせながら、男性陣と1対1になると仕事への価値観や参加理由などを正面から質問し、本音で話していない男性にはストレートに疑問をぶつける聡明なキャラクターが印象的。視聴者からは「萌子さん素敵すぎる」「間違いなく萌子さん推し」「なんて人間力が高い人なんだ…」「身も心も美しい」とすでに絶賛の声が殺到している。

また、ファーストローズを受け取った1人を他の男性陣が笑顔で祝福するシーンや、ローズセレモニー後に男性陣が一息ついて安心するシーンなど、ライバル関係とともに築かれていっている男性陣の熱い友情も「バチェラー・ジャパン」シリーズとは違った見どころ。

果たして最後に福田が選ぶのは誰なのか。最後まで注目したい。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません