告白する時に「ピンクのコスモス」を贈るべき理由

トレンド
マイナビウーマン
2020/09/27 13:10

「秋の花」と聞くと、コスモスを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

気温が下がり空気も涼しくなる秋に咲くコスモスは、細い茎でありながら、まっすぐに花びらを広げる姿が愛らしく、野原で一斉に揺れる様子は青空に映えて美しいもの。

今回は、コスモスにはどんな花言葉があるのか、色別にご紹介します。

■コスモスってどんな花?

コスモスは、分類では「キク科コスモス属」となり、別名「アキザクラ(秋桜)」とも呼ばれています。

ピンク色の花びらをつけるものが多いので、春の桜に代わる秋の代表的な花として目にすることが多いのではないでしょうか。

◇コスモスの名前の由来

英名では「Japanese cosmos」と呼ばれ、花名のコスモスはギリシャ語で「調和」や「秩序」「美しさ」を表し、「宇宙(Cosmos)」や「化粧品(Cosmetic)」の語源となった「Kosmos」に由来しています。

原産地はメキシコで、アメリカ大陸発見以降にヨーロッパへ渡った後、スペインにて「コスモス」と名付けられたとされています。

◇コスモスが主に咲くのは8〜10月

日本には19世紀に渡来しており、日本人が好む花姿のため、盛んに栽培されて全国へと広がりました。

メキシコでは花びらがピンク一色ですが、少しだけオレンジ色の混じった花を見つけた日本の育種家がオレンジ色のコスモスを作って以降、日本で品種改良が盛んに行われ、さまざまな色のコスモスが誕生しました。

コスモスが咲くのは主に8〜10月、夏の暑さが去り涼しい風が吹いてくる頃に満開を迎えます。

最近は6月に早咲きするものもあり、あじさいと並んで見かけることもあるかもしれませんね。

単独で咲くより群生することが多く、家庭の庭から自然の河原までいろんな場所で花を咲かせます。

8枚の花びらを持つものが多く、花の直径は約5〜8センチほど、どのコスモスの中央にも黄色い葯(やく)があるのが特徴です。

■色別にひも解くコスモスの花言葉

コスモスといえばピンク色が主流ですが、他にも赤や白などさまざまな品種があります。

花びらの色によってそれぞれ持つ花言葉は違うので、自分の心にぴったりのものを選びましょう。

◇ピンクのコスモスは「純潔」

コスモスの代表的な色、ピンクは「純潔」を花言葉に持ちます。

清らかでまっすぐな思いを表し、一途さを伝える時に選びたい色です。

淡いピンク色のコスモスはそれだけでも柔らかい印象がありますが、同じ「純潔」を花言葉に持つ白いカスミソウを加えた花束にすれば、いっそう愛らしさが際立ちます。

愛する人に思いを伝える時、ピンクのコスモスは勇気を与えてくれるでしょう。

片想いをしている相手や恋人など、愛する人へのプレゼントにぴったりですね。

「潔さ」は、何よりも自分に対してうそをつかない覚悟。その思いを、ピンクのコスモスに託して届けましょう。

◇赤いコスモスは「愛情」「調和」

赤いコスモスの花言葉は、「愛情」と「調和」。

力強い気持ちと共に「支え合う」イメージを持つので、恋人や配偶者へのプレゼントに最適です。

結婚記念日など「これからもよろしく」を伝えたい時に贈りましょう。

赤いコスモスには、純粋な思いを表すピンクのコスモスを少し合わせるのがおすすめです。

派手に愛情を伝えるより、穏やかで落ち着いた関係を築きたい思いが届きます。

薔薇のようにすべてが赤く彩られた花は情熱を伝えてくれますが、中央に黄色が加わる赤いコスモスは、愛情の深さとともに和やかな状態をイメージさせます。

バランスのいい、お互いを尊重し合える関係を目指す2人にお似合いの花といえます。

◇白いコスモスは「優美」

白いコスモスの花言葉は、「優美」。

上品さを表し、謙虚な姿勢や真心を伝えたい時に選びたい花です。

お世話になった人へのお礼やお見舞いとして、また感謝の気持ちを伝えたい場面でも思いを届けてくれます。

白いコスモスには、彼岸花に似た花で同じく白いネリネを加えると、華やかさが増します。

秋の光にキラキラと輝く姿から「ダイヤモンドリリー」を別名に持つネリネの花言葉は、「また会う日を楽しみに」。

これからもいい関係を続けたい、再会を喜べる間柄でいたい人には、こんな組み合わせで贈るのがおすすめです。

ピンクや赤より繊細さが目立つ白いコスモスですが、だからこそ優しさや美しい心を表現してくれます。

相手を思う気持ちを白いコスモスに乗せて、笑顔とともに渡したいですね。

「バランスのいい関係」を保ちたい人へ贈りたいコスモス

コスモスは秋の代表的な花ですが、色によって花言葉も変わります。

色を問わず共通しているのは、「調和」。いさかいのない、バランスのいい関係を目指したい相手に贈りたくなる花です。

言葉だけではなかなか伝えられない本当の気持ちを、コスモスに託して届けましょう。

そこに込められたメッセージを知れば、相手もきっと笑顔になってくれるはずです。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません