AKIBAカルチャーズ劇場プロデュースのアイドルグループ“天然サイダー”デビューライブ開催

エンタメ
モデルプレス
2020/07/28 11:35
【モデルプレス=2020/07/28】アイドルの聖地AKIBAカルチャーズ劇場がプロデュースするアイドルグループ“天然サイダー”が、AKIBAカルチャーズ劇場にてデビューライブを無観客で開催。ライブの模様は、ライブ配信アプリ「ミクチャ」とYouTubeにてライブ配信された。

ライブ「私たち、天然サイダーです!」より(提供写真)
(写真 : ライブ「私たち、天然サイダーです!」より(提供写真))

【写真】篠田麻里子宅に前田敦子&松井珠理奈が訪問

◆AKIBAカルチャーズ劇場プロデュース“天然サイダー”とは

“天然サイダー”は、『AKIBAカルチャーズ劇場』とCSアイドル専門チャンネル『Pigoo』の共同運営による新アイドルグループ。コロナ禍の中実施された、ライブ配信アプリ『ミクチャ』での配信審査を含めオンラインオーディションを勝ち抜いた6人がメンバーとなった。

それぞれが持つ天然色を融合させた“自然体”な6人組ガールズグループというコンセプトのもとグループ名は“天然サイダー”と命名された。

◆天然サイダー、デビューライブで熱唱

今回のデビュー公演タイトルは「私たち、天然サイダーです!」。ライブは、暗転した誰もいない会場のスクリーンに映し出されたプロフィール映像でスタート。その後メンバーがステージに立ち、代表曲「青春グリッター」でデビューライブをスタートさせ、ファンから多数のコメントが寄せられた。

曲が終わると各メンバーが自己紹介。メンバーのニックネームも公開され、ファンはコメント上でニックネームのコールをした。

そしてファンがオンライン上で盛り上がる中、「美ambitious」「夏の風に乗せて」「はじまりの唄」を披露したあと、レッスン合宿のエピソードや視聴者クイズなどをトーク。オリジナル4曲とカバー2曲の計6曲を歌い上げた。

◆天然サイダー、ファンに感謝

今回のライブについて広宮静空は「とても緊張したけど皆さんがいたから頑張れました。すごく楽しかったです。ありがとうございました」とコメント。続いて今花まい「本番前は緊張したけど始まったら吹っ切れて楽しめました」と語った。

そして花岡芽依は「あっという間に時間が過ぎてしまったけど、とても楽しかったです。ありがとうございました」と感謝。松下恋々は「とっても楽しみにしていました。あっという間に終わってしまったけどとても楽しかったです」と喜んだ。

また橋本ふみかは「配信でたくさんの方に見られていると思って緊張しました。とっても楽しかったです」と話し、燈灯あかりは「本番前は緊張で不安でしたが、皆さまのコメントを見て気持ちが楽になりました」と呼びかけた。

そして最後に代表曲の「青春グリッター」再度披露し、デビューライブの幕を閉じた。

◆天然サイダー、次回ライブ決定

なお、次回のライブは、8月3日に同劇場にて、ソーシャルディスタンスでの人数制限など、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を徹底し、観客を入れて行う予定となっている。(modelpress編集部)

◆セットリスト

1.青春グリッター
2.美ambitious
3.夏の風に乗せて
4.はじまりの唄
5.あのコによろしく(カバー曲:ribbon)
6.抱きしめて(カバー曲:チェキッ娘)
7.青春グリッター

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません