MACO、新感覚オンラインライブツアーで魅了「本当にやり切った」<本人コメント>

エンタメ
モデルプレス
2020/06/29 19:20
【モデルプレス=2020/06/29】シンガーソングライターのMACOが27日、オンラインライブツアー第1弾「Endless Love Tour 〜Acoustic Night〜」を開催した。

MACO(提供写真)
(写真 : MACO(提供写真))

【写真】E-girls鷲尾伶菜&MACO、“わしまこ”コラボがついに実現 歌詞を共作

◆MACO、今できる新感覚のライブ模索

“人と人との距離が最大限に密になるライブという空間を持てない”という悩みをアーティストが抱える中、今動いて、今企画して、どうやってファンにいつもと変わらないライブを届けられるかを模索したMACO。

導き出した今回の新感覚のライブは「当日限定のツアーグッズ販売」「ライブ中のチャット」、応募者への「ピクチャーチケットのお届け」「Zoomを使用した1対1のバックステージ招待」「ライブ帰宅中の生配信」など、1日を通してライブを体感出来る内容となった。

◆MACO、ファンとチャットで相互交流

久しぶりとなるライブということで、ライブ配信が開始されるとファンからは「本当に待ってました」などの書き込みが。キーボードとMACOのアコースティックセットでの18曲/2時間というライブ中は、ファンとのチャットでの相互交流をしながらというオンラインならではの楽しみ方もあり、なごやかでアットホームな時間が流れた。

終演後は楽屋からZoomでのバックステージ招待がおこなわれ、1日の最後の最後まで車内で生配信された。

またライブ内ではツアー第2弾となる「Endless Love Tour 〜Party Night〜」の開催と詳細も発表。同ツアーでは、DJ MATZとアップテンポで踊れる曲を中心としたセットリストで“一緒に最高に明るくなれる”内容が計画されている。(modelpress編集部)

◆MACOコメント

オンラインライブがこんなに楽しいものだと思ってなかったです。でもスタジオ内には自分のスタッフ達しかいないのが逆に緊張してしまって、本番はいつものライブの倍緊張しましたね。でもチャットを通してみんなとMCで会話できたり、リアルタイムでファンとの交流ができたのが唯一の救いでした。

第1弾は本当にやり切った感じ。手ごたえもあるので、第2弾のParty Nightも楽しみながら全力で頑張ります。生で会えなくても、こんなにライブって肌で感じるんだ、と思ってもらえたら嬉しいです。

◆MACOプロフィール

北海道函館市出身のシンガーソングライター。

2014年にメジャーデビュー。そのきっかけとなったテイラー・スウィフト『私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない〜 We Are Never Ever Getting Back Together』の“テイラー公認”日本語カバーを筆頭に注目を集めた。YouTubeの総再生回数は日本人アーティスト最速で1億回を超えるなどSNSを中心に話題となっている。

2019年末から全国11都市でアコースティックワンマンツアー「My Acoustic Tour 2019-2020」を開催。そして2020年は年初に『恋蛍』を発表。AbemaTVドラマ“僕だけが17歳の世界で”には2曲が挿入歌として起用され、卒業ソングの代表ともいえるレミオロメン『3月9日』のMACOによるカバー曲、さらにドラマのために書き下ろしたラブソング『桜の木の下』を発表した。

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません