安斉かれん&三浦翔平W主演ドラマ「M 愛すべき人がいて」第6話あらすじ

エンタメ
モデルプレス
2020/06/27 10:00
【モデルプレス=2020/06/27】アーティストの安斉かれんと俳優の三浦翔平が、W主演を務めるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』(毎週土曜よる11時15分〜)の第6話が27日、放送される。

安斉かれん、三浦翔平「M 愛すべき人がいて」第6話より(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc
(写真 : 安斉かれん、三浦翔平「M 愛すべき人がいて」第6話より(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc)

【写真】三浦翔平&桐谷美玲が披露宴

◆安斉かれん&三浦翔平W主演ドラマ「M 愛すべき人がいて」

今作は、歌姫・浜崎あゆみに秘められた出会いと別れを描いた同名小説をドラマ化。また鈴木おさむ氏の脚本で愛憎のジェットコースター・ラブストーリーに昇華させている。

ドラマ初主演となる安斉は、福岡から上京し、トップスターに上り詰めていくことになるアユ、三浦はレコード会社「A VICTORY」を設立し、日本の音楽史を塗り替える伝説を作り続ける希代のプロデューサー・マサを演じる。

W主演の安斉、三浦のほか、白濱亜嵐、田中みな実、久保田紗友、河北麻友子らが出演する。

◆「M 愛すべき人がいて」第6話あらすじ

アルバムが大ヒットし、アーティストとしてもブレイクを果たした平成の歌姫・アユ(安斉かれん)とプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、おおっぴらにはできないながらも着実に愛を育んでいた。そんな2人を横目に、しっとに狂ったマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきた2人の決定的な瞬間の写真をチラつかせて、一気に叩き潰す作戦を持ち掛ける。

裏で礼香と大浜の策略が進んでいるとは知らないマサは、自宅をリフォームし、アユを呼び寄せる。アユの部屋、ドレスルーム、簡単なレコーディングまでできる音楽スペースなどを備えた夢のような家で、一緒に暮らし始めた2人は、満ち足りた毎日を送っていた。分刻みのスケジュールに追われながらも、アユが手料理を振る舞ったり、マサが曲作りのすべてを教えるなど、まさに幸せの絶頂――。

一方、プロデューサーの流川翔(白濱亜嵐)は、大浜からAXELSの解散を宣告される。悲しみに打ちひしがれながらもアユに大差をつけられた事実を受け止めるメンバーだが、その夜、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図り…。責任を感じ、すっかり落ち込んでしまった流川は大浜とマサに退職を申し出る。しかし、マサは流川の辞表を破り捨て、「逃げてんじゃねぇよ」と一蹴。メンバーが次の道に進むまできちんと向き合うよう説得する。

そんなある夜、アユとマサが帰宅すると…誰もいないはずの家になぜか礼香が!あまりの衝撃に驚きを隠せない2人に、礼香は常軌を逸した行動を始め…?

結託した礼香と大浜によって窮地に追い込まれていくアユとマサ、2人の運命は――?(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません