「つきあい始め」こそいつも通りのあなたで

恋愛
ハウコレ
2020/06/06 01:15

春を迎え、新たに恋がスタートした方も多いでしょう。さて、何事もスタートが肝心です。より恋を楽しむためにやっておきたいことをお伝えしていきます。

■さみしいときは素直に甘える

始めはどこまで甘えていいのか、なかなか掴めないこともあります。「重い女と思われたら嫌だな」と、遠慮してしまうことが多いですよね。でも、それではいつまでたっても甘え方がわからず、さみしい気持ちが募って苦しくなってしまいます。時間が経つほどにどんどん「さみしい」と言えなくなっていく…。そうなる前に、素直に自分の本心を彼に伝えるようにしましょう。重くならないように伝えるコツとしては、ノリよく伝えること。「昨日も会ったのに、もう会いたくなっちゃったよ〜!」など、「さみしい…」としんみり言うのではなく、可愛らしく前向きな言葉で伝えてみると、彼も面倒に感じずに、返答をしやすくなるでしょう。さみしさを溜め込まず、心を軽くすることですっきり恋を楽しめるはずです。

■いつも通りのファッションで

やっぱり最初はデートに気合は入りますよね。何着ていこう?どんな髪型にしよう?なんて考えるのも楽しいし、わくわくしますね。でも、ここで気合を入れすぎると、後々デートで毎回気を使うことになってしまいます。見栄を張って、いつもの“自分らしさ”を超えすぎないように気をつけましょう。とはいえ、少しでも可愛いと思ってもらいたいのが女心でしょう。そういうときは、がらっと服装を変えるのではなく、ワンポイントでギャップ演出をすると良いでしょう。例えば、いつも髪をおろしている人は、アップヘアに挑戦する。スニーカーなど、ラフな靴をよく履く人はパンプスやヒールに挑戦する。パンツスタイルが多い人は、スカートに挑戦する、などなど。小さな変化でも男性はドキッとしてくれますよ。

■自分一人で悩まない

それぞれ育ちも考え方も違うふたりが一緒になるわけですから、ケンカ喧嘩をしたり、意見が食い違ったり、悩み事が出てくるのは当たり前ですよね。「自分が悪いのかな…」と一人でもんもんと考えていると、いつまでもマイナス思考から抜け出せなくなってしまいます。分かり合えないことがあって当たり前なので、あまり自分で抱え込まずに相談するクセをつけましょう。友達や信頼できる人にお話をして、外側から意見をもらうと、見え方も変わって、納得できる答えが見つかるはずです。ただ、彼の友達に相談することは避けましょう。相談したことが彼にバレてしまうと「俺たちの問題を人にペラペラしゃべるやつなんだ」と、信頼を失ってしまいます。相談相手はしっかり選んでくださいね。

■悪いところを素直に認める

彼とケンカになったときや、自分のミスで彼を困らせてしまったとき。そういうときは素直に謝るクセをつけましょう。「ありがとう」「ごめんなさい」は基本的なことですが、カップルという近い関係の中では、意外とおろそかにされがちなのです。女性から感謝や謝罪の言葉を言うように意識していくほど、男性も素直に謝ったり、素直な思いを言いやすい状況になっていきます。まずは自分から素直さを見せていくこと。その中で、お互いの思いやりや信頼が自然に育って行きそうです。

■おわりに

「自分らしく、素直でいること」これが恋のスタートにはとても大切なんですね。無理をしない等身大のあなたで彼と向き合ってみてくださいね。(あやか/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません