正直ないわ…男性が「もうデートに誘わない」と決める女性のNG口癖

恋愛
ハウコレ
2020/06/03 12:45

初デートはいい雰囲気だったのに、なぜか2回目のデートのお誘いが来ない…。それはもしかすると、あなたのちょっとした発言に原因があるかもしれません。そこで今回は、20〜30代独身男性に聞いた、「どんなにタイプの女性でも『正直ないわ、勘弁してくれ』と思う女性の口癖」をピックアップしてみました。早速チェックしてみましょう。

■1.自分のことを名前で呼ぶ

「たまに自分のことを『○○ね』って名前で呼ぶ女性がいるけど、可愛いと思っているの? いい歳して名前で呼ばれると、ただ痛いだけなんだけど…」(24歳/金融)ある程度年齢がいっているのに、一人称が「下の名前」の女性は、ただ見苦しいだけ…。ごく一部の男性からは「恋人だったら許せる」「人に迷惑をかける訳じゃないし、気にならない」など寛容な意見もありましたが、基本的に「自己演出しすぎ!」と敬遠される傾向があるようです。気になる男性にちょっとでも可愛い印象を与えたいのは分かりますが、親密な関係になるまでは自分のことを名前で呼ぶのを控えましょう。

■2.すぐに「疲れた」「面倒臭い」と愚痴る

「せっかくのデートなのに、『あー疲れた』『えー、面倒臭い』って言われると、『もうダメかも』って自信をなくす。俺と一緒にいても楽しくないんだなってね」(22歳/学生)ふたりで一緒にいるときにネガティブな発言をされると、女性だって「私のこと嫌いなのかな?」と不安になることがありますよね。実はそれ、男性も同じ。「疲れた」「退屈」「面倒」のフレーズは、“嫌い”と同じくらいショックを与えてしまいますよ。歩き疲れたときは「ちょっと休憩しよう」と提案したり、カレのプランに乗り気じゃないときは「楽しそうだけど、○○はどうかな?」とさりげなく方向転換するよう心がけてくださいね。

■3.モリモリ食べながら「痩せたい」と言う

「バイキングに行く時点でアウトだと思うけど、お皿いっぱいの料理をバクバク食べながら『あ〜痩せたい』って言うのはどうなの?痩せたいって意志表示をするだけで、満足するなよ!」(27歳/IT)男性たちは、あなたが思っている以上に女性のダイエットに無関心!「痩せる必要はない」「そのままでいいのに」と現状の体型に満足しているケースが多いので、まるで義務のように「痩せたい」「痩せなきゃ!」と口にする女性にウンザリしているんだとか…。特に脂っこい料理をモリモリ食べながら言われると「ダイエットする気ないでしょ?」と、イラっとさせてしまうことがあるので気を付けましょう。

■4.「かわいい」「ウケる」を連発する

「別にインテリを求めている訳ではないけれど、何を見ても『かわいい』「ウケる」『やばい』と口にするような女性は勘弁かな。馬鹿っぽくて好きじゃないし、一緒にいて恥ずかしい」(29歳/公務員)「可愛らしい女性がタイプだ」と公言する男性でも、ある程度の常識やマナーのある女性を求めているものです。「かわいい」と連呼したり、手を叩きながら「ウケる」と大笑いしていると、「こいつ、バカだな」と、カレをイラッとさせてしまいますよ。気になる男性の前では、できるだけ丁寧な言葉遣いを心がけるのがベスト!間違っても女子会のノリで発言しないようご注意ください。

■おわりに

男性たちは意外とシビアに女性の口癖をチェックしているものです。あなたも無意識のうちにうっかり口にしてしまう“NG口癖”をもう一度おさらいして、大切なデートに臨みましょう。(mook/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません