強引突破!長続きの秘訣「彼氏に甘えてもらう方法」4つ

恋愛
ハウコレ
2020/05/23 14:15

長続きさせるためには、彼女から甘えて頼りにするだけじゃなく、彼氏に甘えてもらうことも欠かせない要素。なかなか甘えてくれないなら、プライドが邪魔しているのかも!?今回は、彼氏を甘やかす方法についてまとめました。

■●真面目な彼氏は陽気で押す

もし、彼が真面目なタイプだとしたら、なかなか冗談が通じなかったり、ふざけ合ってくれなかったり…なんてこともあるかもしれません。とはいえ、そんな彼に合わせてしまうと、ふたりの間の空気はクールなまま。彼から甘えてくれるチャンスが訪れません。ここはひとつ、陽気な雰囲気で押していきましょう。冗談を言ったりボケてみたり。ゆるい雰囲気を作れるよう、まずはこちらがリラックス。なかなか彼が笑ってくれなかったりしたとしても、スルーして続けてみてください。冗談を織り交ぜて、陽気な雰囲気に。だんだんと雰囲気に慣れてくれれば、じゃれあうようなスキンシップから、甘えてくれるチャンスを作っていけます。

■●内気な彼氏は丁寧に喜ぶ

内気なタイプの彼だと、自分の思っていることをなかなか言ってくれないことも…。もしかすると、こちらがどう思うかを気にしすぎているのかもしれません。そんな彼には、嬉しい気持ちや感じていることを丁寧に伝えてあげましょう。時間はかかるかもしれませんが、こういうときはこんな気持ちになる、ということを理解してもらえれば、彼のほうも、安心して自分の心を開いてくれます。まずは、落ち込んだときに話を聞いてもらったら、「しっかり聞いてくれるから、心の整理がついてホっとした」といった感じで伝えてあげましょう。その上で、今度は自分が聞くよ、という態度で待ってあげると効果的。「○○くんのときは、私が甘やかしてあげたい!」と事前に伝えてあげると、彼も飛び込んでいけるでしょう。

■●プライド高めの彼氏はこちらから甘える

プライドが高い彼だと、なかなか甘えてくれないですよね。その心の内は、女には弱い部分を見せたくない!というのがあるかもしれません。そんなときには、まずこちらから甘えてみましょう。どんなときに甘えて、それがどんなふうにプラスになるのか。それを見せていけば、彼も甘えやすくなるはずです。彼の中の「甘える基準」を少しずつ下げていけるはず。お家でいるときに積極的にくっついたり、弱音を吐いたり、甘えられて嬉しかったことを伝えたり。「私の彼氏が○○くんでよかった!凄く頼りになるし、つい甘えちゃった。でも、私も力になりたいから、なんでもいってね!」といった、明るい感じのセリフもいいかもしれません。

■●賢い彼氏は甘えモードを作る

もしかすると、彼が甘えてくれないのは、彼が賢い男だからかも。賢い人は悩みがあっても自己完結できます。また、頭の中で考えることは得意でも、行動に移すのが苦手なだけかもしれません。そんな彼には、「いまは、甘えてもいい」という雰囲気、甘えモードを作ってあげましょう。本音を言ってくれることを受け身で待っていると、なかなか、甘えてくれるところまでいきません。いつもシャイな彼なら、「○○くんに甘えられたい!」と直接伝えてみませんか?嫌がらないかどうか見ながら「こっちおいで」と言ったり、頭を撫でてあげたり。テレビを見ながら、「膝枕したげよっか?」なんてちょっと強引に「甘える」行動を促すのもおすすめですよ。記念日を利用したり、わかりやすく○日は「甘えてもいい日」に設定したりするのも◎。おいしいスイーツを食べて幸せな気分になったら、その流れでもいいですし、お酒も効果アリ。自然な方法で、「甘えモード」を作っていきましょう。

■●おわりに

甘えてもらおうとしても、彼が心を許してくれないと、なかなか難しいもの。まずは、彼の性格に合わせて、心をゆる〜くさせる方法を探してみましょう。一度甘えてくれたら、甘えてもらえることが嬉しいと伝えてみて!お互いに甘え合い、支え合い、長続きできる関係を構築していきましょう。(織留有沙/ライター)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません