沢村一樹主演月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」AFTER STORYあらすじ

エンタメ
モデルプレス
2020/03/23 10:00
【モデルプレス=2020/03/23】俳優の沢村一樹が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」のAFTER STORY「あれから一年、新たなる旅立ち」が23日(よる9時〜)、放送される。

沢村一樹/「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」AFTER STORYより(C)フジテレビ
(写真 : 沢村一樹/「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」AFTER STORYより(C)フジテレビ)

【写真】本田翼、美谷間チラリ ほんのりお色気な七変化

◆沢村一樹主演ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」

前作「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」は、国際メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」のエンターテインメント・ドラマ部門で銅賞を受賞。続編となる本作では、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する「未然犯罪捜査班」(通称・ミハン)の活躍が描かれた。

主演の沢村のほか、関ジャニ∞の横山裕、本田翼、森永悠希、高杉真宙、水野美紀、柄本明らが出演していた。

◆「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」AFTER STORYあらすじ

あれから1年後――未然犯罪防止法案が成立する。だが、犯罪抑止への期待が寄せられる一方で、個人情報の取り扱い方や監視社会を危惧する声も上がっていた。そんな中、警視庁では、未然犯罪捜査課の任命式の準備が進められていた。山内(横山裕)は、所轄の会計課にいる小田切(本田翼)を訪ねミハンに誘うが、小田切の決意は固く…。

一方、井沢(沢村一樹)をリーダーとして活動している未然犯罪捜査対策準備室は、新たな危険人物・桐島直久を探知した。彼は、退官した元陸上自衛隊員で、狙撃の名手。そんな人間がいったい誰を狙っているのか――。

井沢は、防犯カメラで桐島の姿が確認された付近のオープンカフェにいた。すると突然、店内に銃弾が撃ち込まれる。そして、店内のテーブルに置かれていたノートPCから、命令に従わなければ殺す、という音声が流れた。犯人は、隣のビルから井沢を狙っているのだ――。そして、井沢にインタビューをしたいと言い出す。その目的は、ミハンの真実を暴くことだった――。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません