「長女タイプ女子」の心の壁を取り払う魔法の一言9パターン

恋愛
スゴレン
2020/02/18 09:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「長女タイプ女子」の心の壁を取り払う魔法の一言9パターン


しっかり者で甘え下手な「長女タイプ」の女性には、恋愛に対してもガードが堅いイメージがあるもの。そういう人を好きになってしまったら、張り詰めた気持ちを緩ませるような方向でアプローチすると、一気に心を許してもらえるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「『長女タイプ女子』の心の壁を取り払う魔法の一言」をご紹介します。


【1】大丈夫なフリをしているようなら「たまには弱音を吐いてもいいんだよ」


「いつも強がってしまう癖があるので、そこを突かれると弱いかも」(20代女性)というように、相手が気丈に振る舞っている様子なら、「無理しないで」と声を掛けると、ガードを緩めてもらえるかもしれません。「実は…」と口を開き始めたら、思い切り愚痴や弱音を吐き出させてあげましょう。


【2】甘え下手なしっかり者には「俺にだけは甘えろよ」


「『甘えちゃいけない』と自分を戒めていただけに、涙腺が崩壊した」(10代女性)というように、包容力を発揮して、思う存分、甘えさせてあげる作戦です。頭をポンポンするなど、軽いボディタッチを交えるのもアリでしょう。


【3】なんでも自力でやりぬこうとするときに「たまには任せてみろって」


「一人でやらなきゃと思い込んでいるタイプには、効果てきめんです」(20代女性)など、何かしらの役割や作業を引き受けてあげることで、相手の気負いを軽減してあげるパターンです。引き受けるからには責任を持ってやり遂げる覚悟が必要でしょう。


【4】ちょっとした失敗をしたら「意外と抜けててかわいいね」


「『失敗しちゃいけない』と常に張り詰めているからか、目から鱗が落ちました」(20代女性)など、失敗もポジティブに捉える視点を授けてあげると、とりわけ新鮮に感じてもらえるようです。彼女自身の発想を転換させることによって、緊張をほぐしてあげましょう。


【5】我慢してるなと思ったときは「もっとわがままになれよ」


「『わがままになっていいの?』とハッとした」(20代女性)というように、常に他人を優先しがちな女性には、思い切って自分本位に考えるようにアドバイスするのも手でしょう。まず最初に自分がわがままを聞いてあげるつもりでいると良いかもしれません。


【6】努力家さんには「そんなに頑張らなくていいんだよ」


「『私、がんばり過ぎてたんだ』と初めて気づきました」(10代女性)など、肩に力が入ってしまっている女性には、一度、力を抜くように促してあげるのも良さそうです。手抜きの仕方なども助言してあげると、即効力があるでしょう。


【7】しんどそうに見えたときは「お前の大変さは俺が一番よくわかってる」


「『見ててくれる人がいるんだ』と泣きそうになりました」(20代女性)というように、ちゃんと見守っていることをアピールすると、彼女を孤独から救ってあげられるかもしれません。「本当に君はすごいと思う」などと真正面から褒めてあげたいところです。


【8】遠慮してばかりだったら「もっと俺を頼って」


「自分から申し出てくれたことで、遠慮なく頼れるようになった」(20代女性)など、自分を頼るように仕向けるのも一案です。それでもまだ遠慮しているようなら、「俺、そんなに頼りない?」と冗談めかして不満げに言ってみても良いかもしれません。


【9】明るく振る舞おうとしているときは「大丈夫?無理してない?」


「無理してる姿って、傍から見ててわかるんだなあと思いました」(20代女性)というように、必死で平静を装っている女性にそれとなく指摘することで、気持ちをほぐしてあげる手もあります。「大丈夫」と答えるようなら、「大丈夫じゃねーだろ!」と冗談めかして突っ込むのもアリでしょう。


長女タイプ女子の中には、自分のガードの堅さがコンプレックスとなっている人も多いようです。一番効きそうな言葉を掛けることで、気持ちをラクにしてあげたいものです。(倉田さとみ)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません