「モテ」のための男磨きが失敗する理由

恋愛
マイナビウーマン
2020/02/13 07:00

さかのぼること10年前。世間は「愛され女子」で溢れかえっていました。

白いタイトワンピに、もこもこのファ―。くるくるの茶髪に、ぱっちりアイメイク。ウサギを擬人化したかのような愛されファッションは、爆発的に流行しました。

モテの夢から覚めた、2020年。力の抜けたビッグシルエット、それでいて背中はざっくり開いたバックコンシャスな女性が街を闊歩し、「男のための自分磨きじゃない」と宣言する女性が増えました。ネイルだって、靴だって、好きなものを選びたいんだもん。

……ですが、メンズファッションはまだ「モテ」が全面に出ている気がするのです。

■男性が自分磨きをするメリットは「モテ」だけ?

私は何度かメンズアイテムのマーケティングを担当してきました。バナー広告でどれが売れるかテストしたり、雑誌のコピーを考えたり。そして結論「女子ウケ抜群」「この服がモテる」以上に売れたキャッチコピーはありませんでした。ファッション大好きな一部を除くと、多くの男性は”モテるから”服を選んでいるようです。

この傾向は、メンズのフレグランス・時計・クルマ・コスメでも同じです。現代の20代前半の男性はモテるためにアイラインを引いたり、眉毛をぬいたりします。

30代なら、こだわりの革靴やスーツを買い、デートに向いているカジュアルイタリアンを探すでしょう。50代の男性はモテるためにいいクルマを買います。

年代によって投資先が違うのは「モテる振る舞い」が世代で違うだけのこと。結局、動機は似たり寄ったりなのです。

男性がやりがちな自分磨きは「男性ウケ」を意識している

では、ここまでして男性は誰にモテたがっているのか。

もちろん女性? いいえ、違います。それは表層的な考えです。自分磨きをする男性に深くインタビューしていくと「男仲間に承認されたい」という深層心理が出てきます。

男性が自分磨きをするメリットとして見出しているのは、まわりの男性から「すげえ」と言われる自分作りです。そして、女性からモテれば仲間から「すげえ」と称賛されるからこそ、女性にモテたいのです。

このタイプは「女性からモテなくても仲間から尊敬される道」を選ぶこともあります。たとえば、女性ウケを意識してクルマを買おうと思ったのに、最後は男性が好む傾向にあるスポーツカー分野でマニアになるような男性です。

女性ウケだけを求めているなら、こういう男性は少ないはずでしょう。でも結構いますよね?

■男性だって、自分のために男磨きをしてもいい

さて、男性ウケ、女性ウケ……いずれにしても「誰か」のほうを向いた自分磨きって、なんかしんどくないですか。あなたがイケメンになるのは誰のためでもなく、自分を好きになるためでいいじゃないですか。

男性の間でこういう言説がまだ少ないのは、「男性は美容で評価されにくい」という意識があったからでしょう。

しかし、実は男性のほうが外見は重要です。男性は外見がいいと、それだけで生涯年収が約17%上がることがわかっています(『なぜ、外見で生涯年収が4760万増えるか』より引用)。女性の場合は12%ですから、男性のほうが外見で年収に影響を受けるのです。

外見というと、つい男性は「素の顔」を考えがち。ですが、雑誌をパラパラめくって、成功している男性を見てみてください。彼らが「造形」で優っているというよりは、清潔感や堂々とした振る舞い、よいスーツ、日焼け具合、笑顔や白い歯など「後から課金でどうにかできる外見」で自分磨きをしていることがわかるはず。

年収のために自分磨きを……というとドライすぎるかもしれませんが、大きなモチベーションになるのは間違いありません。英会話教室に通うお金で、メンズエステに行ったほうが人生のコスパがいいかもしれないんですから。

自分磨きで外見・内面ともに洗練させて自尊心も上げよう

そしてもちろん、自分磨きは自尊心を上げてくれます。「俺、なんか最近かわいくない? かっこよくない? 服似合いすぎじゃない?」と思えたら、鏡の前でアガるものです。外見だけでなく、「頑張るプロセスも楽しめるような趣味」があると、普段から幸せを感じられるはず。

ただ、結果を競う趣味は、誰かの目を気にしたくなるので自分磨きの初心者向けではありません。まずは「気づいたら5時間経っててびっくり」と言えちゃうくらい夢中で取り組める趣味を見つけたり、鏡の前で思わず笑顔になれちゃう外見を目指したりしてください。

自分で自分のことをハッピーにできれば、人生ってかなりラクになります。男性でも、女性でもモテたいかどうかは、それから考えればいいじゃないですか。自分が楽しめるファッションなら失敗しても「やっちゃったわ」と笑えますし、メイクでコケても怖くありません。最後に年収までついてくるなら、もっとおいしい。

自分磨きは、文字通り自分のためにあるもの。令和なら男性だってそろそろ、モテから解放されてもいいと思うんです。自分を愛する旅を、男性も始めませんか?

(トイアンナ)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません