別れたがっている彼女から心底嫌われてしまうNG対応9パターン

恋愛
スゴレン
2020/02/11 10:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

別れたがっている彼女から心底嫌われてしまうNG対応9パターン


彼女から別れを切り出されるのは悲しいことですが、そこでの対応を間違えると、徹底的に嫌われてしまうもの。復縁どころか友達として付き合える可能性すらなくなってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「別れたがっている彼女から心底嫌われてしまうNG対応」をご紹介します。


【1】「今までの時間を返せ」と無茶なことを言う


「時間なんか返せないし、どういうつもりなのかと思う」(20代女性)というように、苦し紛れに悪態をつくと、彼女から呆れられてしまうかもしれません。交際から得たものはたくさんあるはずなので、別れのときほど感謝の気持ちを思い出すようにしましょう。


【2】「俺も別れたいと思ってた」と虚勢を張る


「『失恋はカッコ悪い』と思ってるのがカッコ悪い!」(10代女性)というように、「振られた側」になりたくない一心でいらぬ強がりを言っても、彼女には本音を見透かされてしまうようです。「別れたくない」と自分の好意をストレートに伝えたほうが好印象ではないでしょうか。


【3】「別れるならひどいことになるぞ」と精神的圧力をかける


「脅すのは最低だと思う」(20代女性)というように、彼女を怖がらせて縛り付けようとすると、逆に「別れて正解だ」と確信を持たせてしまうようです。特に力の差がある男女間では絶対に言ってはいけないことなので、「ご法度」と肝に銘じましょう。


【4】「死んでやる!」と目の前で泣き出す


「パニックで泣いちゃう人は無理だな…」(20代女性)というように、彼女の前で涙を見せると、男としての株を大きく下げてしまうようです。別れを切り出されてショックなのはわかりますが、せめて彼女の前だけでも、冷静に、気丈に振る舞いましょう。


【5】「俺以外にお前を好きになる男なんていない」と上から目線で批判する


「偉そうに人の未来を決めつけないでほしい」(10代女性)というように、悔し紛れに彼女を傷つけるような暴言を吐くと、「何様なの?」とドン引きされてしまうようです。ただし、「俺以上に君のことを愛せる男はなかなかいないと思う」的な言い方なら、愛の深さを伝えられるのではないでしょうか。


【6】「別れるなら全額返して」と過去のデート代を請求する


「デート代を全部計算してきた男がいて怖かった」(20代女性)というように、困らせたいのが見え見えの悪あがきは、彼女の気持ちを冷めさせる効果しかないようです。「プレゼントを返して」も与える印象は同じなので、合鍵以外の返還は決して要求しないようにしましょう。


【7】「イヤだ」と拒否の一点張りで会話にならない


「別れ話を長引かせても1つもいいことはない」(10代女性)というように、別れ話を引き延ばして根負けさせる作戦は、すでに意思を固めた女性には通用しないようです。関係を修復したいなら、なぜ別れたいのか、逆にきちんと彼女の言い分を聞くべきではないでしょうか。


【8】「君のこういうところが問題だ」と交際中しなかったダメ出しをする


「急にあれこれ不満を言われて驚いた」(20代女性)というように、別れ際に突然「自分も我慢していた」とアピールしても、彼女の気持ちは取り戻せないようです。一言言ってやりたい気持ちはわかりますが、グッと飲み込んだほうが美しい思い出として残るでしょう。


【9】「ほかに好きな男がいるんでしょ」とありもしない浮気を疑う


「浮気を疑われるのは本当に心外」(20代女性)というように、別れの原因を彼女に押し付けるようなことをすると、「大人げない」と思われてしまうようです。「なかったこと」を証明するのは非常に難しいので、証拠がなければカマをかけるのもやめましょう。


彼女を困らせるために暴言を吐いたり、別れ話を無駄に引き延ばそうとしたりすると、印象はどんどん悪くなるばかりのようです。彼女の言い分をきちんと聞き、必要なら反省し、最後には感謝の念を伝える。難しいことですが、別れのお作法として実践しましょう。(小倉志郎)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません