彼氏が「1人になりたい」と言う本当の心理

恋愛
マイナビウーマン
2020/01/15 17:10

男性が彼女を振るときに使う言葉ランキングを作ったら「少し1人になりたい」というセリフはトップ5に入ることでしょう。

「少し1人になりたいから別れたい」というように「別れたい」という言葉がセットになっていたら手遅れですが、「1人になりたいから少し距離を取りたい」というように「別れたい」という言葉が入っていなければ逆転の可能性は僅かながら御座います。

それでは彼氏から「1人になりたいから少し距離を取りたい」と言われてしまった場合、一体どのようにすれば良いのかを解説させて頂きます。

なお誠に申し訳ございませんが「少し1人になりたいから別れたい」と言われてしまった方は手遅れでございますのでご了承くださいませ。

■「1人になりたい」の裏の意味。彼の別れプランを理解する

たとえ「別れたい」という言葉が含まれていなくとも、「1人になりたい」というセリフがかなり赤に近い黄色信号であることは間違いありません。

人間誰しも1人になりたい時はあります。ですが相手との関係を継続する気があるのであれば、面と向かって「1人の時間がほしい」とは言いません。勝手に1人になって、元気になったら戻ってくるのです。

ですので恋人が「1人になりたい」と言った場合、それは本質的に「1人の時間がほしい」という意味ではありません。そうではなく「1人になりたい」という言葉で、恋人との距離を取ろうとしているのです。

それでは「少し1人になりたい」と言った男性は恋人との距離を取って、次に何をしようとしているのか。

それは言うまでもありません。徐々に距離を取り、関係を希薄にして、できる限り自然な形で別れることを狙っているのです。

自然消滅が理想、次点で痺れを切らした彼女様が彼氏に別れを突きつけるといったところでしょう。

■彼氏に「1人になりたい」と言われたときの対処法

恋人に「1人になりたい」と言っている男性は、必ずしも「1人の時間」がほしいとは限りません。

彼らの狙いは関係を希薄にしてからの別れなので、何も1人の時間がほしくて「1人になりたい」と言っているわけではないのです。

それでは彼から「少し1人になりたい」と言われてしまったら、一体どうすれば良いでしょうか?

◇「別れよう」という一言を言わせない方法

ここで皆様にはひとつ考えて頂きたいことが御座います。

これから紹介する方法はあくまでも「彼との関係を継続する」ということのみを目的としております。より正確に言えば「別れたい」と思っている彼に「別れよう」という一言を言わせない方法とお考えくださいませ。

さらにこの方法は上手くいく可能性も御座いますが、失敗した場合は致命的な決別になってしまう可能性が高いでしょう。すでにほぼ終わっている恋をなんとかしようとしているわけですから、それくらいのリスクは背負っていただかなくてはなりません。

彼から「少し1人になりたい」と言われてしまった時点で、その恋はほぼ終わっているのです。ですのでここで関係を維持できたとしても、その恋で幸せになれる可能性はかなり低いでしょう。

すでに終わっている恋なのです。彼氏様にとってはもちろん、皆様にとっても終わらせたほうが幸せであると私は思います。

しかし、それでもなお彼との恋人関係を継続させたい方のために、彼との関係を継続させる方法を解説させて頂きましょう。

「敵の打ちたいところに打て」

将棋のこの格言こそが、彼との関係を継続させるために重要なキーワードで御座います。

◇「振るくらいなら付き合っているほうが楽」戦法

将棋や囲碁に限らず、ほぼ全てのゲームで共通する原則として「相手を困らせたほうが勝つ」というものが御座います。

先ほどの「敵の打ちたいところに打て」という格言はまさにそのことを象徴しているでしょう。相手が打ちたいマスに先に駒を置いてしまえば、相手はそのマスに駒を置くことができないので相手の行動を妨害することができるのです。

相手を妨害し、相手を困らせ、相手の望む展開を防ぐ。

これこそが戦略の基本です。相手を喜ばせるのではなく、相手を困らせることこそが、こちらの理想的な展開を作り出すといえるでしょう。

それでは「1人になりたい」と言った男性との関係を継続するためには一体何をすれば良いのでしょうか?

☆「円満に別れることはできない」と彼に思わせる

先ほど申し上げたとおり「1人になりたい」と言った男性は、1人になりたいのではなく別れを円満に終わらせたいのです。つまり彼らが最も嫌がる行為とは「円満に関係が終わらないこと」でしょう。

それならば「円満に別れることはできない」と彼に思わせることこそが、「1人になりたい」と言った男性に対しての最適な攻撃になります。

極端な方法になりますが、ストーカーのように執拗に連絡をしたり、今までと同じように一緒にいる時間を増やすというような方法がこれに該当するでしょう。

他にも彼の友人たちに「自分と彼はラブラブである」ということを公言しまくったり、SNSでカップル垢を勝手に作るなども良い方法かもしれません。

☆彼に「1人の時間」を与えない

逆に「1人になりたい」と言った彼に本当に1人の時間を与えてしまうのは最悪の選択肢でしょう。彼はそうやって関係を希薄にして恋人関係を終わらせようとしているのです。

もちろんこの方法は本質的に「彼の嫌がることをする」というものなので、彼との関係が良好になる可能性は極めて低いでしょう。最初に申し上げた通りこの方法は「関係を継続させる」ということにのみ特化した方法なのです。

■「1人になりたい」は「距離を取りたい」である

「1人になりたい」と言われてしまったら、その恋はほぼ終わっております。

「1人になりたい」というのは「1人になりたい」のではなく「貴女と距離を取りたい」という意味なのです。

そんな状況から逆転をしようと思ったら、相手から嫌われるくらいのリスクを負わなくてはなりません。

「相手が自分のことを再び愛してくれる」ではなく「振るくらいなら付き合っているほうが楽」という方法で彼を繋ぎ止めなければならないのです。

もちろんこの方法で彼との関係を継続して、そのうち関係が好転することもあるでしょう。しかし少なくともこの方法を取った直後は間違いなく関係が悪化するのです。

それでもなお、彼との関係を継続したいでしょうか?

そのことを考えて、実際にどのような行動を取るのがベストなのか考えていただければ幸いです。

(ラブホの上野さん)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません