EXILE岩田剛典、“天才役”に恐縮?「普段のイメージとは真逆な…」<AI崩壊>

エンタメ
モデルプレス
2020/01/14 19:48
【モデルプレス=2020/01/14】EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が14日、東京・豊洲PITにて行われた映画『AI崩壊』(1月31日公開)のジャパンプレミアに主演の大沢たかおらとともに登壇した。

岩田剛典(C)モデルプレス
(写真 : 岩田剛典(C)モデルプレス)

【写真】『AI崩壊』キャストがドレスアップで豪華集結

◆岩田剛典、“天才役”に恐縮?

今作で天才捜査官を演じた岩田は、劇中ではメガネをかけ、七三分けの髪型で普段の“がんちゃん”とは違う魅力を披露。

切れ者という役柄については「普段のイメージとは真逆なキャラクターだったような気がする」と明かし、「七三分けの髪型とメガネとスリーピースのスーツに助けられたところがありました」と告白。「すごく新鮮でした。天才捜査官と自分で言うのもおこがましいような…なかなか天才役をやることはないので。監督と現場でお話させていただいて、ちょっとずつ役作りをしました」と役の設定に恐縮しつつ、振り返った。

また、「観終わった後の満足感が高い映画ができたなと感じています」と映画に自信。「これだけ初号試写で手応えを感じる映画もないと思いますので、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います」と観客にアピールした。

◆大沢たかおら『AI崩壊』キャストがレッドカーペットに

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』の入江監督がメガホンをとり完全オリジナル脚本で描く今作。

AI(=人工知能)が国民の生活を支える存在となった2030年の日本を舞台に、すべての国民のライフラインとして必要不可欠となったAIが突如として暴走、日本中を巻き込んだ、想像を絶する大惨事が発生するというストーリーが繰り広げられる。

このほか、賀来賢人、広瀬アリス、芦名星、玉城ティナ、松嶋菜々子、三浦友和、入江悠監督らも登場。イベントは、アーティストのAIが主題歌「僕らを待つ場所」を披露しスタートし、その後、大沢らキャスト陣がレッドカーペットを歩いて、会場を沸かせた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません