賀来賢人主演「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第8話あらすじ

エンタメ
モデルプレス
2019/12/01 10:00
【モデルプレス=2019/12/01】俳優の賀来賢人が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」(毎週日曜よる10時30分〜)の第8話が1日、放送される。

賀来賢人/「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第8話より(C)日本テレビ
(写真 : 賀来賢人/「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第8話より(C)日本テレビ)

【写真】賀来賢人主演「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」第8話場面カット

◆賀来賢人主演「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」

本作は、直前数ヶ月の記憶を失い、森の中で目を覚ました警視庁の刑事・遊佐清春(賀来)が女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の殺害を疑われ、容疑者として追われる身となるアンストッパブル・ミステリー。やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へと繋がっていき、すべての人間が疑心暗鬼の中、騙しだまされのストーリーが展開される。

賀来や広末のほか、工藤阿須加、夏帆、井浦新、北村一輝らが出演する。

◆第8話あらすじ

警察の地下組織:ニッポンノワールが極秘プロジェクトとして行っていた人体実験。その最初の被験者は…宮城遼一(細田善彦)だった。

警視総監の命令を受けた南武修介(北村一輝)により身柄を拘束された遊佐清春(賀来賢人)。これまでモザイクがかかっていたように失われていた記憶が次々に戻ってゆく…。

碓氷薫(広末涼子)の一人息子であり、自身の息子でもあると分かった9歳の碓氷克喜(田野井健)は、母の愛を獲得するために自ら志願してこの人体実験を受けたのだという―。

碓氷政明(大和田伸也)の命令によりニッポンノワールの工作員らに連れ去られた克喜。眞木光流(矢本悠馬)が再実験を施そうと克喜に迫る。

一方、克喜の身を案じながらも拘留され身動きの取れないままでいる清春。と、その清春の前に現れたのはガスマスクの男であった!その頃、衝撃的な事実を突きつけられた宮城は、未だに葛藤に苦しんでいて…。

歴史、メンバー、目的…次々に明らかになるニッポンノワールの全容。そして第8話の最後には、ついに清春が黒幕に迫る。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません