辛い「喪失感」から立ち直る方法

ビューティー
マイナビウーマン
2019/11/29 11:10

大切な人や可愛がっていたペットとの死別、大好きだった恋人との別れ……。そんなときは、さまざまな感情が胸に去来し、心が乱れますよね。

そしてそのストレスは、心だけでなく身体の不調となってあらわれることも多いです。辛い喪失体験をした人なら誰にでも起こるこうした症状の根底には「喪失感」があります。

今回はこの喪失感とは何か、そして喪失感を抱いたときの乗り越え方をお伝えしていきたいと思います。

■喪失感とは?

「喪失」とは失うことですので、そのまま解釈すれば、喪失感とは「失ったときの感情」ということになります。

一般的には「自分が大切にしていた人や物、自分を形づくってきた人や物を失ったときの悲痛な感情」という意味で使われます。

また、「虚無」「寂寥」といった言葉は、アイデンティティ−を形成していたものが欠けることによる喪失感情の表現のひとつとして使われることも多いです。

人はどんな瞬間に喪失感を覚えるのか

では、人はどんな瞬間に喪失感を覚えるのでしょうか。3つご紹介します。

◇1.大切な人を失ったとき

喪失感を抱くもっとも大きな原因となりうるのが、この「大切な人を失ったとき」でしょう。

最近は「ペットロス」という言葉もあるように、人だけでなく、家族同然のペットを亡くした際に大きな喪失感を覚えるという人も増えました。

「かけがえのない」という言葉の通り、それに代わる人はいない存在と、もう今世では会えないということは人を絶望的な気持ちにさせることもしばしばあります。

◇2.恋人と別れたとき

いきなり別れを告げられた、同棲していた家から突然パートナーが出ていったという場合だけでなく、双方が話し合って納得して別れたあとであっても喪失感情を抱きます。

とくに、同棲など「共有していた空間」がある場合は、相手がいた空間が失ったものをリアルに連想させるため、より喪失感情が強くなります。

◇3.失恋したとき

喪失感はカップルにだけ生じるものではありません。

その人が身近に存在するから自分も頑張れたこと、その人に褒めてもらうために一生懸命になれていたことなど、片思いであってもその「気持ち」が自分自身を形づくっていたものであれば喪失感を抱きます。

■喪失感のもとになる3つの「責める感情」

喪失感は「泣く」「怒る」「無気力になる」「鬱鬱とする」といった精神症状のほかに「食欲不振」「睡眠障害」などの身体症状としてもあらわれます。

これら喪失感のもとになるのは3つの責める感情です。

この感情が肥大化し、どれかひとつでも自分でコントロールできなくなってしまうと、立ち直れなくなってしまいます。以下、3つの感情をひとつずつご説明します。

◇1.自分を責める

「あのときもっと話を聞いてあげていたらよかった」「自分があんなこと言ったからこうなってしまった」などと過去の自身の言動に原因を探して自分を責める、いわゆる自責感情です。

◇2.他人を責める

「病院の治療法がまちがっていたのだ」「まわりがあの人を精神的に追いこんだのだ」「あの人さえいなければこうならなかった」など他人を責める感情です。

◇3.失った人を責める

「私がとても悲しむことはわかっていたはずなのになぜ?」「あのとき話してくれていたらこんな結末にならなかったのに」など、失ってしまったその人を責める感情です。

■喪失感を乗り越えるには?

人は喪失感を覚えたとき、どのように対処したらいいのでしょうか。

最後に、喪失感を乗り越える方法を4つご提案します。

◇1.同じ体験を持った人と喪失感を分かち合う

大切な人を亡くすといった非常に大きな喪失体験をしてしまうと「こんなに辛いのは世界で自分だけだ」といった強い孤独感にも襲われます。

しかし、同じ体験を持った人と喪失感を分かち合うと「辛いのは自分だけではない」という気持ちを取り戻すことができ、孤独感から救われます。

また喪失を受け入れ、乗り越えている人たちの話を聴くことにより、自分もいつかは立ち直ることができるという希望を持つことができます。

◇2.感情をありのままに吐き出す

喪失体験を癒す過程は「グリーフ・ワーク」と呼ばれています。グリーフ・ワークでの第一歩は、感情をありのままに吐き出すということです。

吐き出す先はネットでも構いませんが、大切なことはそこがあなたの感情を否定せずに受け止めてくれる場所かどうかということ。

たとえばコメントやメッセージ機能があるネットワークの場合、コメントによって前を向くことができる場合もありますが、さらに傷つく可能性もあります。

さらなる痛みを作らないよう吐き出す先はじっくり考えて、ありのままの感情を吐き出してみましょう。

◇3.波は必ず小さくなることを知る

喪失体験をした直後はなんの感情もわかない状態まで落ちてしまうことも多々あります。

そしてその後に悲しみや寂しさ、怒りといった様々な感情で混乱したり気持ちが沈んだりする辛い時期がきます。そこからなんとか浮上してもまた落ちる波はやってきます。

でも、その波は1度目よりは2度目、2度目よりは3度目と徐々に小さくなっていくことを覚えておきましょう。

「波は何度かやってくる。でも次の波は以前より小さい」ということを知っておくだけで楽になります。

◇4.感謝の気持ちを持つ

感情をあるがままに吐き出し、分かち合ったあとは感謝してください。一度きりの人生で、自分の一部として愛せるような存在に出会ったことは奇跡ですし、一緒に過ごした時間は消えません。そうした気持ちを与えてくれた過去に素直に感謝しましょう。

そしてそう思えた自分にも優しい気持ちを持ってください。

喪失感情は「乗り越える」のではなく「受け入れる」

生命は必ず死にます。また人の感情は川の流れと同じでひとつところに留まっていることはありません。

これは一見すると寂しいことですし、この自明がある限り喪失感情はなくなりません。

しかし、それは自分の心も常に動いており、自分の命もいつか消えるということです。

喪失感情で辛いときは、この絶望的な気持ちも時間とともに必ず動くことを思い出してください。喪失感情は「乗り越える」のではなく「受け入れる」ことが重要です。

(小日向るり子)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません