お互いを尊重し合うカップルになりたい。じゃあ「尊重」って具体的に何かわかる?

恋愛
ハウコレ
2019/11/17 21:06
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

お互いを尊重し合うカップルになりたい。じゃあ「尊重」って具体的に何かわかる?

どうもあかりです。愛し合って、そのまま結婚に至るようなカップルって、「『好き』の気持ちが強いカップル」じゃなく「お互いを尊重し合うカップル」だと思うんです。たとえば片方が相手を「好き」だけど同時にどこか見下しているようなカップルって少なくありませんが、こういうカップルはたいていケンカのときにその「見下し」がぽろっと口からこぼれ出て、言われた方はもう交際を続ける自信がなくなって、別れてしまう。どれだけ「好き」が強くても、「尊重」がないと幸せになれないのです。では「お互いを尊重し合う」べきところって、具体的に何か、わかるでしょうか?

■「ふたりの世界」以外の世界も、同じくらい大切と認めてあげる

多くの素敵なカップルを見ていると、「ふたりの世界が一番大事」という意識がお互い驚くほど弱いことに気がつきます。だから周囲の人からすると「え、それでちゃんとお互いにちゃんと好きなの?」「マンネリなの?」「そんなに少ししか会わないのに、よく付き合い続けてられるねー」みたいに思えてしまうこともあるんだけど、無理なく幸せに続いていくカップルにとって「ふたりの世界」の重要性って、「そこそこ」レベルくらいがちょうどいいんですよね。

■「恋愛のためだけに生きている人」ってそんなにいない

「仕事を頑張ることを応援してくれる彼女を男子が重宝がるのは、単純にエールが嬉しいというだけじゃなくて、少なくとも男にとっては人生の中で仕事というものが本当に大切で、そのことがちゃんと理解できている賢さというか、大人さというか、バランス感覚が魅力的だからだと思う」(ウェブ制作/27歳/男性)「自分は恋愛のために生きています」という人って、男子でも女子でも、ほとんどいないはず。もちろん、「人生の中で大切なことは?」と聞かれれば、「恋と仕事と友達」みたいに、大切なことの中のひとつには必ず入りますが。「ふたりの世界」が何よりも一番大切じゃなきゃいけない、仕事や友達やその他の世界よりも、常に優先されないといけないというムードが漂うカップルがやがて息詰まるのは、この理想と現実の乖離が起きてしまっているからです。

■「自分にとって小さなこと」をないがしろにしない

「尊重する」ということは、「相手目線になってあげる」ということでもあります。「相手目線になってあげる」というのは、物事を自分目線で判断・評価しないで、相手の判断・評価に共感してあげるということですね。

■自分にとって些細な相手の悩みは、相手にとって人生最大の悩み

「たしかに彼氏の方が給料も高くて、仕事のレベルも高いのかもしれないけど、私だって自分なりに一生懸命悩みながら仕事をしているので、私が仕事のことで相談したときに『そんなことで悩んでるの?レベル低』的なリアクションをされると、『ああ、私見下されてるんだな』って感じる」(公務員/26歳/女性)まさに、恋人に「相手目線」が欠けている絶好の例ですね。こういうのをまさに、「尊重に欠けた見下し」というわけですが、「自分から見たときの、その悩みの大きさ」よりも、「事実、相手がそのことで悩んでいて、恋人である自分に相談してきていること」を重視することが、相手のことを尊重するということです。このことをまず理解することが、第一歩です。

■悩みは、尊重チャンス!

恋人が自分に対して悩みを打ち明けてきてくれているとき、相手には2つのことを求めているんだと理解しましょう。1つ目は単純に、「悩みを解決したい」という気持ち。信頼できる第三者として、客観的で冷静なアドバイスをもらって、それで自分の悩みを解決する答えやヒントがもらえたらいい。それから重要なのは2つめで、「リスペクトしてもらいたい」という気持ちです。悩みを抱えているときは、仕事や人間関係があまりうまくいかなくて、自分に対して少し自信が持てなくなっているタイミングです。そんなタイミングで、恋人に「大変だね。でも大丈夫だよ」「俺がいるから、まあ心配しないで気楽にやりなよ」と寄り添う言葉をかけてもらうことで、自信を回復して、また頑張る勇気と元気をもらいたい。このように、恋人が悩み相談をするときには、単純な問題解決だけじゃなく、「自分を尊重してもらうこと」を求めているわけです。なので、恋人が悩みごとを話してくれたときには、お互いに「相手に対するリスペクトを見せるべき瞬間だ!」と理解して、決して相手の悩みを軽んじることなく、親身な態度で話を聞いてあげていくことが大切です。

■自分と同じ「愛し方」を強制しない

先ほど「ふたりの世界」以外も尊重してあげよう、というお話をしましたが、もちろん「ふたりの世界」を尊重してあげることも大切ですよ。では、「ふたりの世界」を尊重してあげるとは具体的にどういうことでしょうか?

■愛情表現の方法は、人それぞれ

「俺は、彼女にたくさんLINEを送ってあげたりして常に構ってあげることじゃなくて、デートという限られた時間の中できちんと彼女に愛情表現をしてあげることが『大切にする』ってことだと思っているので、それを理解してくれないと、切ないです」(メーカー/28歳/男性)私は、「ふたりの世界」を尊重してあげるということは、相手の愛情表現の方法を理解して、信頼してあげることだと思っています。決して、「私を大切にしてほしい」という感情を、「私が望む方法で、愛情表現をして!」という方法で表現することじゃありません。誰にとっても恋愛だけが人生の一番大切な要素ではないのと同じように、誰にとっても、恋愛のスタイル、もっといえば恋人を大切にする方法、恋人に「好き」と伝える方法が、人それぞれあります。なので、「自分なら、好きな人にはLINEをいっぱい送ったり、夜も電話したりしてずっと繋がっていようとするのにな」と感じても、「相手は違うかもしれない」ことをまず理解する。そして、相手がそうじゃないかもしれないとしたら、「相手の愛情表現の方法」ってなんだろう?と考えてみる。そうするときっと、「あ、相手は自分みたいに頻繁に連絡をしたりはしないけれども、デートで会ったら必ず『好き』って伝えてくれるな」とかいうことに気付ける。そうやって、自分とは違う相手の「愛し方」を理解して尊重してあげることができるようになれば、相手だけじゃなくて、何より自分自身が幸せですよ。

■外見を「好き」と言ってあげることってやっぱり大切

「人は性格が大事」というのは間違いなくそうだと思いますけど、まるでそれが全てのように言うのはやっぱり綺麗事だと思います。恋人の顔がタイプなら、多少イラっとすることがあっても「まあいいや」と思えてしまうのは事実だし、逆に恋人から「顔が好き」と言ってもらえればかなり幸せな気持ちになれるのも事実。「顔が好き」って、わかりやすく、そして揺るぎない愛情であり、尊重なんですよね。なのでこのことをお互いに伝え合うカップルでいたいと思うし、何気ない言葉で相手の外見をディスるようなことがないようにもしたいです。

■仲良くなってきたからこその外見イジリにご注意

「彼氏が『太った?』とか『痩せなよ』とか最近よく言うようになって、今まではそんなことを絶対に言わなかったのに、リアルに凹んでいます……」(不動産/23歳/女性)関係が深くなってくると「何を言ってもアリ」的なムードが漂いはじめます。が、それは気のせいです。どれだけ仲が良くても、「何を言ってもアリ」なんてありえません。しかも先ほどもお話したように、カップルにとって「外見が好き」というのは根本的な要素なので、そういうところでイジられたり、ディスられたりすると平気で自信がなくなります。彼氏が彼女の体型をバカにするのももちろんいけませんが、逆も同じです。30前後になると男子も急に太り始めたり、顔や頭皮が脂っこくなってきたりしてきますが、そういうのを気軽に「おっさん」「でぶ」みたいにイジるのはやめましょう。さすがに彼もキレたりせずに合わせ笑いをしていると思いますが、心の中ではちゃんと傷ついています。お互いに、外見イジりはしない。そういうルールをふたりの間で作りましょう。

■「好き」って聞かれたとき

カップルになると、「どこが好き?」みたいに聞き合うことがたまに(カップルによっては頻繁に)あると思いますが、そういうとき、ぜひためらいなく「顔が好き」と言い合ってみてください。「どこが好きなの?」「えー、顔かな」「え(笑)?」「もちろん、性格も大好きだよ。でも、顔が好き」どうでしょう。こういうふうに言われるのが、結局一番「愛してもらってる」のを実感できる気がしませんか。なんども言いますが、「顔が好き」でいることは大切なことです。お互いに、人生、悩み、恋愛観だけじゃなくて、「顔」も尊重し合えるふたりであれば、きっと別れなんて無縁のふたりでいられるはずです。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

RECENT NEWS最新ニュース

INFORMATIONインフォメーション

GRP RECOMMENDGRPおすすめ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません