ディーン・フジオカ主演月9ドラマ「シャーロック」第5話あらすじ

エンタメ
モデルプレス
2019/11/04 10:00
【モデルプレス=2019/11/04】俳優のディーン・フジオカが主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」(毎週月曜よる9時〜)の第5話が4日、放送される。

岩田剛典、ディーン・フジオカ/「シャーロック」第5話より(C)フジテレビ
(写真 : 岩田剛典、ディーン・フジオカ/「シャーロック」第5話より(C)フジテレビ)

【写真】ゲスト出演の若月佑美、永井大に抱きつき

◆ディーン・フジオカ主演「シャーロック」

本作は、アーサー・コナン・ドイルの世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、現代の東京を舞台に映像化。

原作上“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄をディーン・フジオカ、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一を岩田剛典が演じるほか、山田真歩、ゆうたろう、佐々木蔵之介らが出演。また第5話では俳優の永井大、葉山奨之、女優の若月佑美がゲストとして登場する。

◆「シャーロック」第5話あらすじ

いつものように事件解明を委ねたい江藤礼二(佐々木蔵之介)が、誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)の元にやってくる。その事件とは、彼氏の留守中、部屋に入った女性からの110番通報があったというもの。

警察が駆けつけると、そこはスプラッター映画のような惨状。室内には大量の血液と破れたシャツ、バスルームには血塗れのタオルと凶器と思われる包丁とのノコギリが残されていた。

しかし、被害者が見当たらず、周辺の目撃証言や、運び出された痕跡もない。部屋の持ち主、町田卓夫(永井大)を江藤と小暮クミコ(山田真歩)が取り調べるが本人は知らないの一点張り。

さらに、町田は政治家の息子だったため、江藤は上層部から解放するよう指示されてしまう。なんとか町田の鼻を明かしたい江藤は、獅子雄を焚きつける。捜査協力費用を得たい若宮も加勢。

「死体が歩いたのかも」と言う若宮の言葉に、獅子雄は「死体は誇り高い。生きてる人間みたいにウロチョロしない」と否定し、“歩く死体”の謎に乗り出すことに。

そして現場に残されたシャツに、町田と同じ会社で働く乾貴之(葉山奨之)のイニシャルが確認された。その貴之は2日前から行方不明で、家族から捜索願も。江藤は、貴之の母・千沙子(若村麻由美)から、「息子は町田のパワハラを受けていた」と聞く。社員たちはパワハラを否定するが、獅子雄は町田の不自然さを見逃さず…。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません