「ヒプノシスマイク」舞台化決定に反響殺到

ニュース
モデルプレス
2019/09/21 05:30
【モデルプレス=2019/09/21】社会現象を巻き起こしている人気コンテンツである『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(通称:ヒプマイ)が、舞台化することが決定した。ネット上では反響が寄せられている。

「ヒプノシスマイク」舞台化 高野洸・阿部顕嵐ら出演決定(提供写真)
(写真 : 「ヒプノシスマイク」舞台化 高野洸・阿部顕嵐ら出演決定(提供写真))

【さらに写真を見る】<舞台「7ORDER」会見全文>安井謙太郎ら7人が“結託”「7人横一列そろって進んでいきたい」

ヒプマイは、キングレコード EVIL LINE RECORDSが手掛ける、音楽原作キャラクターラッププロジェクトとして2017年9月に始動。当時無名だったプロジェクトにも関わらず、第1弾ミュージックビデオが公開直後にYouTube急上昇ランキングにランクインするや否や、その斬新な世界観や楽曲のクオリティの高さから瞬く間に音楽シーンを席巻し、HIP HOP界の有名アーティストも作詞・作曲を手掛けたCDは常に音楽ランキングTOP10にランクインするなど人気を確実なものとしている。

◆ヒプマイ舞台キャストが発表

その人気作ヒプマイが舞台化。第1弾は『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.1-と題し、イケブクロ・ディビジョン“Buster Bros!!!”とヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”を中心に展開する。

キャストには、イケブクロ・ディビジョン代表チーム“Buster Bros!!!”の山田一郎役に高野洸、山田二郎役に松田昇大、山田三郎役に秋嶋隆斗、対するヨコハマ・ディビジョン代表チーム“MAD TRIGGER CREW”の碧棺左馬刻役に阿部顕嵐、入間銃兎役に水江建太、毒島メイソン理鶯役にバーンズ勇気の出演が決定。いま話題のフレッシュな俳優が集結しヒプマイの世界を盛り上げる。

◆2020年春にも上演決定

そして早くも2020年春にシブヤ・ディビジョン“Fling Posse”とシンジュク・ディビジョン“麻天狼”を中心とした第2弾『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-の上演が決定。詳細は後日発表となる。

◆ヒプマイ舞台化決定に反響

ネット上では「ヒプマイ舞台化マジ!」「阿部顕嵐くんがヒプマイ!!」「これはめっちゃ楽しみ」など反響が殺到し、Twitterでは関連ワードが多数トレンド入りしていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません