LINEを交換するときの男性心理とは?脈あり男性の見分け方もご紹介

恋愛
ハウコレ
2019/09/20 16:45
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

LINEを交換するときの男性心理とは?脈あり男性の見分け方もご紹介

気になる男性とLINE交換したところまではいいけど、相手からLINEが来なければ送っていいものか迷ってしまうことってあると思います。連絡が来ないと「連絡先交換してくれたのは、もしかして社交辞令だったのかな?」と不安になりますよね。向こうからLINEを送ってくる人と来ない人の差は、やっぱり自分への好意があるかどうかの違いなのか?男性心理が分からず悩んでいる女性は少なくありません。そこで今回は、男性がLINEを交換したいときに出しているサインや、交換したのにLINEを送ってこない男性心理、脈あり男性の見分け方をご紹介します!

■本当はLINEを交換したい!

■スマホを何度も触る

男性が会話中に何度もスマホを触るようなら、それはあなたとLINE交換するタイミングを見計っているのかもしれません。特に自分がスマホを触るだけでなく、「このアプリ使えるよ」とか、「このゲーム面白いよ」などと言って、あなたにもスマホを出させようとするなら、ほぼ確実にあなたとLINEを交換したがっています。もし気になる男性がそんな素振りを見せたら、積極的にLINEを交換しやすい流れに持っていきましょう。たとえば「そのゲーム、LINEで招待してくれませんか?」なんて言えば、自然に交換できると思います。ただし、あなたと話しているのに相手の男性がずっとスマホの画面に視線を向けて他の人へLINEの返信をしていたり、ネットを見ていたりするなら、逆に脈なしの可能性が高いです。

■連絡に関する話題を振ってくる

連絡はマメなほうかとか、LINEと電話どっち派かとか、連絡に関する話題を振ってくるのは、その男性があなたとLINE交換したがっているサインである可能性が高いです。さらに次いつ会うかもわからないのに、「今度○○の詳細教えるね」などと、連絡先を知らなければできないような約束をしようとしてくるなら、間違いなくその男性はあなたとLINE交換したいと思っているはずです。そんなときはあなたから「じゃあLINE交換しましょうよ」と言うのもいいと思います。もしくは相手の男性がそう切り出しやすいように、「ぜひ教えてください!」などと彼の提案に乗ってあげましょう。これはとってもわかりやすいサインなので、男性もけっこう勇気を出して言ってきているはず。あなたが気づかずスルーしてしまっては、相手はかわされたと勘違いして傷ついてしまうかもしれません。連絡先交換したい男性心理を察知し、気になる彼とのライン交換のチャンスを逃さないようにしましょう!

■写真を撮ろうとする

「写真送るから、LINE教えて」という流れに持っていこうとする男性は多いです。知り合ったばかりのときより、同じ職場で働いているなど、知り合ってから時間が経っているほうがLINE交換のタイミングがないケースってありますよね。職場の飲み会などでわざとみんなの写真を撮ってそれを送るという口実で気になる女性とLINE交換をするというテクニックを使う男性は結構います。「一緒に写真撮ろうよ」と言われたら、あなたから「後で送ってね」と言ってあげるといいかも。もしくはあなたが写真を撮るのもアリだと思います。すると男性から「それ送って」と言ってLINE交換する流れに運んでくれるのではないでしょうか。

■LINEを交換したのに連絡をしない心理

■なんて送っていいのかわからない

LINE交換したのに連絡をしない男性心理として最も多いのが、なんて送っていいのかわからないというものです。女性は友達同士で他愛ないLINEを送り合うこともありますが、男性は要件のみのLINEしかしない人も多いです。そのため、いざ気になる女性とLINE交換しても、なんと送っていいのかわからず、自分からLINEできない男性もいるようです。もしLINE交換したときの彼の態度が、明らかにあなたを気に入っている感じだったのに連絡が来ないなら、これが理由かもしれません。このパターンかもと思ったら、あなたから送ってみましょう。「この前は楽しかったです」や、「また飲みましょう」など、短文で軽い内容だけど、好意のあるラインを送りましょう。

■駆け引きしている

LINE交換したのに自分からLINEを送らない男性心理として次に考えられるのが、駆け引きをしているというパターンです。彼はもしかすると、あなたの方からLINEを送ってくるかどうかを試しているのかもしれません。特にLINE交換するときに積極的だった場合や、相手の男性が、口が上手くて女性慣れしていそうなタイプだったらこの可能性が高いです。もし当てはまるようなら、あなたももう少しLINEを送らず相手から来るのを待ってみましょう。まんまと駆け引きにハマってしまうと、軽く見られてしまう危険性もあるのでちょっと慎重になったほうがいいです。その人のことばかり考えなくて済むように、視野を広げて他の男性とも関わってみるといいと思います。少し熱が冷めてきた頃に、きっと彼からLINEが来るでしょう。

■女性に迷惑がられることを恐れている

「LINE交換してくれたのは社交辞令だったのかも」という不安は、なにも女性側だけが抱える気持ちではありません。男性も同じような理由で不安になることがあるのです。そんな場合は男性だって、自分からLINEを送れなくなります。もしあなたが周りの人からよく、クールとか冷たそうとか、感情が読めないなどと言われがちなタイプなのであれば、相手の男性からLINEが来ない理由はこれかもしれません。彼はあなたに好意を持たれている自信がないから「交換はしてくれたけど本当にLINEしたら迷惑かも?」と送れずにいるのではないでしょうか。自信がないと不安になるのは男性も女性も同じなのです。もし彼との関係を進展させたいなら、待っているだけではなく勇気を出してあなたからLINEを送ってみましょう! 

■他に本命がいる

連絡先交換したけどLINEしてこない男性心理として、あなたにもちょっとは好意があったけど、他に狙っている本命の女性がいるというのも考えられます。LINE交換したときは本命の子とまだどうなるかわからなかったけど、その後上手くいったからあなたのことを忘れているのかもしれません。たまに、ずっと連絡してこなかったくせに何か月も経って忘れかけた頃にLINEしてくる男性っていますが、そういう場合はたぶんそのお気に入りの子と上手くいかなくなったからだと思います。このパターンは、なんて送っていいかわからず連絡できない男性や、自信がないからLINEできない男性がいるので、見分けるのが難しいと思います。一度はあなたからLINEしてみるといいのではないでしょうか。諦めるのはそれに対する彼の反応を確認してからでも遅くありません。

■こんな男は脈あり

■そもそもLINEを聞いてくる時点で、基本的には脈あり

そもそもLINEを聞いてくる時点で、基本的には脈ありだと思います。興味がない女性にわざわざLINEを聞く男性は少ないです。ですが中には、とにかく女性の知り合いを増やしておこうとか、暇になったとき連絡できるように、交換しておこうと思っている男性もいるので絶対とは言えません。自分が気に入られているかどうかは、相手の目線や言葉の端々からなんとなく感じ取れるものです。もしLINE交換するときに「この人私のこと気に入っているかも」と感じたなら、その勘は当たっていることが多いでしょう。脈ありだと信じて、前向きに頑張ってみるといいと思いますよ。でも頭の片隅にはただのチャラ男説も置いておいて、突っ走りすぎないようにしましょうね。

■会う約束をとりつけようとしてくるのは、かなり脈あり

LINEをしていて相手の男性が会う約束をしようとしてくるなら、かなり脈ありです。これはとてもわかりやすいサインですよね。初回のデートが上手くいけば、交際まで順調に進むのではないでしょうか。たまに、はっきりと誘えず遠回しに伝えてくる男性もいます。たとえば食事の好みを聞いてきたり、公開中の映画の話題を振ってきたり。あなたの反応が好感触なら誘ってみようと思っているのでしょう。もし彼がそんなLINEを送ってきたら、「焼き肉が好き。そう言えば最近食べてないから久々に食べたいな」「公開中の○○っていう映画観たいんだよね」なんていう風に、彼がデートに誘いやすいような返信をしてあげましょう。もしくはあなたから誘うのもいいと思いますよ。

■あなたに興味を持って質問してくるなら脈あり

大半の男性は、用もないのに興味のない女性とLINEを続けようとはしないので、LINEが続くのは基本的には脈ありです。もし彼が、LINEを続かせるためだけの意味のない質問ではなく、ちゃんとあなたに興味を持っていることがわかるような質問をたくさんしてくれるなら脈ありです。また、あなたの文面や返信のタイミングなどちょっとした変化に気づいて「疲れてる? 大丈夫?」などと心配してくれたり気遣ってくれたりするなら、彼があなたに好意を持っている可能性は高いです。

■自分の話をたくさんしてくれたら脈あり

あなたに質問してくるだけでなく、自分の話もすすんでしてくれるようなら、彼があなたに心を開いている証です。特に自慢話と弱音が両方聞けたら脈ありです。好きな人には、自分のすごいところと弱いところを両方理解して受け止めてほしいというのが男性心理だからです。仕事で成果を出したことを教えてくれたり、疲れた、なんてLINEが深夜に届いたりしたら、彼はあなたのことをとっても気に入っているはずです。しかし、そういうLINEはくるのになかなか会おうとしてくれないなら、ただ自慢や愚痴を聞いてくれる人がほしいだけかもしれません。どんなにLINEで心を通わせても、本当に好きならLINEだけでは満足できませんし、会いたいと思うはずです。彼がなかなかデートに誘ってくれないのであれば、あなたからデートに誘ってみて相手の反応を見るか、見切りをつけたほうがいいかもしれません。

■まとめ

LINE交換するときもした後も、相手の気持ちがはっきりわからない間ってちょっと不安ですよね。どうやってLINE交換していいのか、LINE交換したはいいけど相手は自分のことを、本当はどう思っているのか、連絡してもいいのかなど、色々と悩むことがあると思います。だけどそんな悩みも恋の醍醐味じゃありませんか。相手の気持ちが読めないが故のドキドキを、ぜひ楽しんでください。これはあまり大きな声では言えませんが、何とも思っていない男性で、LINE交換や連絡の練習をして、男性とのそういったやりとりに慣れておくといいと思います。そうすると、好みの男性に出会ったときスムーズに対応できて、チャンスを掴みやすくなります。また、せっかくLINE交換しても女性が男性の好意に気づかなければ、脈なしだと勘違いして諦めてしまう男性は多いです。まずは男性のLINE交換したいサインやLINE中の脈ありサインに女性が気づいてあげることが大切です。今回ご紹介した男性心理を参考に、アンテナを張っておきましょう。そしてそのうえで優しく接したり、好意のあるラインを送ったりと、ウェルカムオーラを出すことが、関係を進展させる秘訣です。(marina/ライター)ハウコレ編集部)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません