しょうがない?女子から浴びせられたヒゲへの衝撃的な一言9パターン

恋愛
スゴレン
2019/09/17 09:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

しょうがない?女子から浴びせられたヒゲへの衝撃的な一言9パターン


ヒゲ男子はさほど珍しい存在ではありませんが、すべてのヒゲが憧れの視線を向けられるわけではないようです。女性から見て「残念なヒゲ」には、いったいどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「しょうがない?女子から浴びせられたヒゲへの衝撃的な一言」を紹介します。


【1】「徹夜したの?悪いこと言わないから剃りなよ」とただのズボラと間違われる


「おしゃれどころか、単にみすぼらしく見えていたとは…」(20代男性)というように、おしゃれヒゲを生やしていたつもりが、「剃りそびれただけ」だと誤解されていたパターンです。「無造作風のヒゲ」を装うのであれば、女性の「すっぴん風メイク」と同じで、なおさら手間がかかることを肝に銘じましょう。


【2】「何そのちょびヒゲ…」と苦笑される


「大人っぽく見せたかったのに、どうやら逆効果だったようです」(10代男性)というように、背伸びしたヒゲのせいで、むしろ幼稚さが際立ってしまうこともあります。ヒゲ姿が板につかないようなら、一定の年齢になるまで我慢するという選択肢を考えてみてもいいのではないでしょうか。


【3】「毛深いから、全身とつながってるように見えた」と爆笑される


「すね毛と胸毛も濃いので、コンプレックスをズバッと指摘されて焦った」(10代男性)というように、毛深い男性がヒゲを生やすと、むさくるしさを倍増させてしまうおそれがあります。もともと体毛が目立つタイプの人であれば、ヒゲはこざっぱりと剃り上げたほうが女性受けはいいかもしれません。


【4】「合わせるファッションから考えようか」と指導される


「『そのスーツには合わないよ』と冷静に指摘された」(20代男性)というように、せっかくのコーディネートが、ヒゲのワイルド感のせいで台無しになってしまうこともあるようです。面倒くさがらず、ヒゲとファッションをリンクさせたほうがいいでしょう。


【5】「うーん、老けて見えるかな…」とはっきり宣告される


「男目線だとダンディのつもりなんだけど…女性には決してそう見えないことが分かりました」(20代男性)というように、ヒゲスタイルの渋さは女性に伝わりにくい場合があるようです。少しでも「モテ」を意識するのであれば、ここは素直に女性の意見に従ったほうが良さそうです。


【6】「えっ、無精ヒゲじゃなかったの?」と努力を否定される


「時間をかけて手入れしていたのに、まったく伝わらなかった」(10代男性)というように、頑張ってやっと生やしたヒゲなのに、無精ヒゲ扱いされてしまったケースです。万人に「無精ヒゲではない」とわかってもらいたければ、清潔感を意識したトリミングを心がけるしかないでしょう。


【7】「ゴミがついてるかと思った」と冷たく突き放される


「『不潔に見える』と言われて、正直ショックです」(20代男性)というように、ヒゲの生え方によっては生理的に無理だと思われてしまうこともあるようです。モジャモジャと肌に張り付くタイプのヒゲの人は、よほど上手に整えないとリスクが高いかもしれません。


【8】「そもそも何で生やそうと思ったの?」と問い詰められる


「ヒゲはワイルドでモテると思ってたけど、その発想が間違ってたのかも…」(10代男性)というように、ヒゲの意義を指摘され、我に返る男性もいます。「ヒゲはモテる」と期待しすぎずに、女性の評価を意識したほうがいいでしょう。


【9】「はっきり言って似合わないね」と根本から否定される


「ほかの女子にもそう思われていたのかと思うとガックリ」(20代男性)というように、ヒゲそのものにダメ出しされてしまったパターンです。「俺ってヒゲが似合っていると思う?」などと聞いて回り、客観的な意見に耳を傾けたほうがいいかもしれません。


自分ではヒゲが似合っていると思っていても、「不潔」「無精」などと女性には不評な場合があるので気を付けましょう。(佐々木正孝)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません