「東宝シンデレラ」グランプリ・福本莉子が映画初主演 感動のオリジナルストーリー<しあわせのマスカット>

エンタメ
モデルプレス
2019/07/22 13:00
【モデルプレス=2019/07/22】2016年に行われた第8回東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞した福本莉子が、『しあわせのマスカット』(2020年初夏公開)で映画初主演を果たすことが発表された。

福本莉子(C)『しあわせのマスカット』製作委員会
(写真 : 福本莉子(C)『しあわせのマスカット』製作委員会)

【さらに写真を見る】澤まさみらに続く“シンデレラ”福本莉子、グラビア初挑戦で溢れ出る“ヒロイン感”

同作の舞台は、フルーツ王国と呼ばれる岡山県。国内No.1となるシェア9割を生産している高級果物でぶどうの女王“マスカット・オブ・アレキサンドリア”を使った果物和菓子に出会った高校生が、その和菓子を作った会社に入社し、いつかは自分が考えた和菓子を作りたいという思いを胸に、いろんな失敗を重ねながら、会社、農家、そして2018年7月に起きた西日本豪雨による未曾有の大水害を体験しながらも、自分の夢を叶えようと奮闘する。

◆竹中直人も出演

ヒロインの相馬春奈を福本が演じ、春奈が手伝いに向かうぶどう園の主人で、亡くなった最愛の息子が育てたぶどう園を守る寡黙で頑固な男を竹中直人が演じる。

撮影は5月25日〜6月6日まで岡山市を中心に、倉敷市など岡山県でのオールロケを敢行。岡山を拠点に、日本全国だけでなく世界各地にも店舗を持つ和菓子の老舗、宗家 源 吉兆庵の全面協力のもとに撮影を行った。(modelpress編集部)

■福本莉子コメント

この作品は笑いあり涙ありのオリジナルストーリーとなっています!全編岡山でのロケで素敵な大自然に囲まれながら、のびのびと撮影させていただけました。

私が演じた相馬春奈は、何度挫けても明るく輝く太陽のような女の子です。初めての単独主演をこの作品で務められた事を嬉しく思います!是非公開を楽しみに待っていてください。

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません