「台湾フェスタ2019」開催 日本初「タピオカストリート」で全8店を飲み比べ

おでかけ
モデルプレス
2019/07/12 13:29
【女子旅プレス=2019/07/12】国内最大級の台湾の祭典「台湾フェスタ2019 〜Day and Night TAIWAN〜」が、2019年7月27日(土)・28日(日)、東京・代々木公園にて開催される。同イベントには、注目のタピオカドリンク店、8店舗が集結した日本初の「タピオカストリート」が出現。本場台湾から日本初上陸する店のほか、個性豊かな国内のタピオカドリンク店が一同に会する。

日本初のタピオカも登場する「台湾フェスタ」/画像提供:台湾フェスタ実行委員会事務局
(写真 : 日本初のタピオカも登場する「台湾フェスタ」/画像提供:台湾フェスタ実行委員会事務局)

【さらに写真を見る】見た目も◎なタピオカドリンクも



■日本初上陸!「山林艸木(サンリンソウキ)」

日本初上陸の「山林艸木」。本場台湾から直輸入した茶葉の旨味を最大限に引き出す特殊製法で丁寧に入れたお茶と、同じく台湾から直輸入した「もちプル食感」のタピオカにこだわった、ここでしか味わえないタピオカドリンク専門店となっている。

■お茶の香り豊かな「萬波 WANPO TEA SHOP(ワンポ)」

台湾の土地と気候で育った高山茶の独特で伝統的なお茶の香りが特徴的な「萬波 WANPO TEA SHOP」。伝統的なお茶ともちもちのタピオカが合わさることでリッチな味わいに仕上がっている。

■“極上生タピオカ”の「吉龍糖(ジロンタン)」

2019年4月、恵比寿に日本第1号店をオープンした「吉龍糖」もタピオカストリートに登場。台湾直輸入の“極生タピオカ”は、オリジナルレシピを用いて毎日店内で煮込んでおり、もちもちとした食感とまろやかな沖縄県産黒糖の甘味を楽しめる。

一番人気の黒糖タピオカミルクのほか、新メニューの黒糖タピオカボンソイミルクなども用意される。

■世界初の台湾茶ドリップマシンで作る「茶工廠(チャコウジョウ)」

台湾で100年以上の歴史をもつメーカーから茶葉を直輸入し、世界初となる台湾茶のドリップマシンを考案した「茶工廠」。最新の独自の技術でお茶を急速冷却し、お茶の本来の香り、旨味を最大限に引き出す。

こだわり台湾茶とフレッシュグレープフルーツにタピオカがトッピングされた、夏にぴったりの爽快なタピオカフルーツティーが登場する。

■日によって黒糖のブレンドが変わる「Happiness Tapi 珍珠堂(チンジュドウ)」

「Happiness Tapi 珍珠堂」は、本場台湾品質をコンセプトにしたタピオカ専門店。その日の気温や湿度を計算してブレンドした五種類以上の黒糖を、台湾古来の製法で仕上げたタピオカが特徴的。

防腐剤無添加にこだわり、消費期限は90分以内。タピオカの量も本場台湾にならって、たっぷりと入れられる。

■フレッシュな新食感の「台楽茶(タイラクチャ)」

台湾から直輸入した特製タピオカ粉を使い、成型機でタピオカを現場製造する「台楽茶」。フレッシュで、もちもちの新食感が楽しめる。

「黒糖タピオカミルク」は、沖縄黒糖×北海道牛乳に黒糖生タピオカをトッピングした逸品。

■もちもちの大粒タピオカ!「MAXSEE(マックスシー)」

日々試行錯誤を重ねた、大粒の黒糖タピオカが味わえるのは「MAXSEE」。緑・白・黒のキレイな3層の宇治抹茶黒糖タピオカミルクなど、見た目も楽しめる。

■本場の味にこだわった「台湾OH茶(タイワンオーチャ)」

「台湾OH茶」のドリンクで使用している素材はすべて台湾から輸入。

店長自身の、大好きな台湾のドリンクを広めたいという思いから作られたタピオカドリンクの数々を楽しむことができる。

■台湾からの来日アーティストも

また、許書豪/Haor、特蕾沙/Teresa、ゲシュタルト乙女ら、台湾で活躍する若手アーティストも来日。台湾フェスタをより一層盛り上げる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■「台湾フェスタ2019 代々木公園 〜Day and Night TAIWAN〜」

日程:2019年7月27 日(土)・28日(日)
時間:開場10:00 、終演20:00予定 ※雨天決行
会場:代々木公園野外音楽堂広場
住所:東京都渋谷区神南2 代々木公園B地区

情報:台湾フェスタ実行委員会事務局

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません