「Diner」窪田正孝、妖艶な肉体美披露 藤原竜也との麗しき場面カット解禁

エンタメ
モデルプレス
2019/07/10 12:00
【モデルプレス=2019/07/10】7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』より、主演の藤原竜也、共演の窪田正孝の場面写真が解禁された。

藤原竜也、窪田正孝(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会
(写真 : 藤原竜也、窪田正孝(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会)

【さらに写真を見る】窪田正孝の肉体美をもっと堪能 まるでバックハグ!?なショット解禁

◆映画『Diner ダイナー』場面カット解禁

同作は、映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)を、監督・蜷川実花、主演・藤原の初タッグで映画化。藤原演じるボンベロが“王”として君臨する殺し屋専用の食堂<ダイナー>を舞台に繰り広げられる物語を描く。

今回公開されたのは、藤原×窪田の麗しき場面写真。藤原×窪田といえば、新旧・夜神月(ライト)役を演じた2人としてネット上でも話題をさらったばかり。

公開された画像では、傷を追った窪田演じる殺し屋スキンを介抱するボンベロ(藤原)の姿が映し出されており、劇中、惜しげもなく披露される窪田の肉体美を堪能できると共に、2人のただならぬ関係性が感じられる。

スキンの背後から包帯を巻くボンベロが、まるでバックハグをしているかのような錯覚に陥るほどに、傷だらけのスキンからは色気が溢れ、妖艶さも。

元殺し屋で天才シェフ、殺し屋専用<ダイナー>の王にして、最狂&ドSのボンベロ、そして、全身が凄まじい傷跡で覆われ、優しさの中に表裏一体の狂気を孕んだスキン。2人が殺し屋として対峙するとき、一体何が起きるのか?(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません