「料理上手な男性は嫌だな…」と女性が内心思っている理由9パターン

恋愛
スゴレン
2019/05/22 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

「料理上手な男性は嫌だな…」と女性が内心思っている理由9パターン


料理が上手な男性は、女性から好意的に受け入れられると思いがちですが、必ずしもそうとは言えないようです。もし敬遠されるとしたら、それはどうしてでしょうか。今回は『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「『料理上手な男性は嫌だな…』と女性が内心思っている理由9パターン」を紹介します。


【1】手料理を振る舞うと「下処理段階での焼きが甘い」など、細かくダメ出しをしたがるから


男性はアドバイスのつもりでも「文句を言うなら自分で作ればいいのに」(20代女性)と、嫌な気分になる女性が多いようです。女性は何より「おいしい」の一言を期待しているのではないでしょうか。改良点を指摘する前に、まずは料理の出来映えをほめ、感謝の気持ちを伝えましょう。


【2】自分が料理をする際、手際などを見られてプレッシャーを感じるから


「『下手だなぁ』と思われていそう」(30代女性)など、男性に自分の料理姿を見られると緊張する女性は多いようです。覗いてみたい気持ちをグッと我慢して、テレビにでも集中しているフリをしていた方がよいでしょう。


【3】自分の得意料理を相手の方がはるかに上手に作れると、女の自信をなくすから


「いいところを見せたくても、得意料理で負けたらもう無理」(20代女性)と、自信喪失する女性も多いようです。女性の得意料理だと分かったら、張り合わない方がよいでしょう。むしろ「煮物だけは勝てないな」など、あえて負けてあげるのも優しさかもしれません。


【4】味についてはまだしも、盛り付けまで完璧だと、女の立場がないから


「同じ料理好きでも、見た目を気にしない豪快な“男の料理”であってほしい」(20代女性)と考える女性もいます。せめて女性的な繊細さでは、「自分が勝っている」と思いたいのかもしれません。野菜の飾り切りを女性に頼むなど、女性を「立てる」工夫をしてみてはいかがでしょうか。


【5】味付けのコツや文化的背景など、聞いてもいない料理のウンチクを長々と語られるから


「興味ないのに、長々と話されても…」(20代女性)というように、独りよがりな態度にうんざりする女性もいます。「女性なら料理の話に興味があるはず」と決めつけるのは危険です。まずは相手の反応を見ることを心がけましょう。


【6】使い方のよく分からない専門的な調理器具を自宅に持ち込むから


「せめて片付けをしてあげたくても、どう扱っていいのか…」(20代女性)と、とまどう女性もいます。自分が使いなれた器具の方が手伝いやすいのは確かなので、必要なものなら使い方を教えてあげて、一緒に作ってはどうでしょう。


【7】食器の洗い方や置く位置など、台所の使い方にマイルールを押し付けるから


「台所は私のテリトリー。口出しされたくない!」(30代女性)と、反発する女性もいます。一方的なマイルールの押し付けは反感を買うことが多いので相手のやり方を尊重しつつ「僕はこう使ってるよ」と言い添える程度にしてはいかがでしょうか。


【8】料理を作るたび、その写真をメールで送ってこられ面倒だから


「ほめろってこと?」(20代女性)など、反応に困る女性もいます。単なる自慢と取られてしまう可能性もあるので、腕にヨリをかけた料理を見せたい場合は「○時間もかかった…」など、何かオチを付けるとよいかもしれません。


【9】レストランで出されたプロの料理に、あれこれと難癖をつけるから


「一緒に食事をして楽しくない」(30代女性)など、食事相手への配慮がないことに抵抗感を覚える女性もいます。料理に満足できないなら、そこには触れず店の雰囲気を話題にするなど、共に過ごす時間を楽しんでいることをアピールしてはいかがでしょうか。


女性が料理上手な男性を苦手だと感じてしまう理由には、ほかにどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(さのちあき/Office Ti+)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません