愛する彼女の「マリッジブルー」を誘発してしまう行動9パターン

恋愛
スゴレン
2019/05/22 07:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

愛する彼女の「マリッジブルー」を誘発してしまう行動9パターン


男女を問わず、「マリッジブルー」に陥ってしまう人は多いもの。せめて、自分の振る舞いが原因で、愛する彼女を落ち込ませてしまうのだけは避けたいところです。そこで今回は、20代から30代の女性に聞いたアンケートを参考に「愛する彼女の『マリッジブルー』を誘発してしまう行動」をご紹介します。


【1】「何でも君の好きにして」と式の準備を彼女任せにする


「『主役は君だし…』と丸投げされ、この人が夫で本当にいいのか不安になった」(20代女性)というように、二人でも大変なもろもろの準備を、彼女一人に負わせるのは無責任かもしれません。今から頼りがいを示しておけば、今後の関係性にもプラスに働くでしょう。


【2】「そのオプションは要らなくない?」と式の費用をケチる


「希望を言うと必ずワンランク下を勧められて、どんどんテンションが下がった」(20代女性)というように、できるだけ安くまとめようと、躍起になるのもまずそうです。彼女に優先順位を決めてもらい、出費にメリハリをつけると納得させやすいでしょう。


【3】「いよいよ俺も年貢の納め時か…」と結婚に後ろ向きな発言をする


「『結婚は人生の墓場』とか言われて、『だったらやめる?』とケンカになった」(20代女性)というように、思っていても、口に出さないほうがいいこともあるようです。相手はナーバスになっているので、いつも以上に言葉を選ぶ必要がありそうです。


【4】「今週は忙しいから会えない」と何かにつけて仕事を言い訳にする


「結婚後も休日出勤とかで家族を放置しそう…と不信感が湧いてきた」(30代女性)というように、仕事にかまけると、「家庭を顧みない夫になるかも」と危惧されそうです。多忙な状況下でこそ上手に時間をやりくりして、できる男ぶりをアピールしましょう。


【5】「これ洗っといて」と早くも亭主関白気取りで彼女に家事をさせる


「『家事をがんばる』と言ってたのに口だけじゃん!と先が思いやられた」(20代女性)というように、彼女をハウスキーパー扱いするのは、結婚前も結婚後も慎んだほうがよさそうです。むしろ結婚前から家事力を磨いておけば、スムーズに新婚生活を始められるでしょう。


【6】「今のうちに遊んでおかないと!」と毎晩のように飲み歩く


「二日酔いで式の打合せに彼氏が遅刻!この人に結婚はまだ早い…?と心配になった」(30代女性)というように、残り少ない独身生活を謳歌しすぎると、未熟さが露呈してしまいそうです。せめて大事な用事の前は、節度を持って早めに切り上げたいところです。


【7】「お義父さんが苦手なんだよね…」と彼女の家族を避けようとする


「父が好きそうな話を持ち掛けるとか、努力すらしてもらえないんだ…と悲しくなった」(30代女性)というように、相手の親兄弟との接し方も重視されるようです。たとえ苦手に感じても、「時間をかけて打ち解けたい」などと前向きな姿勢を見せるのが賢明でしょう。


【8】「言った通りにしろよ!」と多忙な事態にイラついてキレる


「共働きで子育てする予定なのに、式の準備くらいでパニクるような夫で大丈夫かなと…」(20代女性)というように、過密スケジュールに忙殺されて、思わず感情が爆発してしまうケースです。いっそデートに出掛けて気分転換したほうが、準備がはかどるかもしれません。


【9】「結婚しても一人の男でありたい」と浮気願望を覗かせる


「過去にも浮気疑惑があったので、悪い癖は直ってないのかも!と婚約破棄も考えた」(20代女性)というように、「浮気しそう」だと思われたら、マリッジブルーどころではなくなりそうです。最悪の事態を招くおそれもあるので、誤解を招く発言は極力避けましょう。


プロポーズに成功して役目を果たした気分でいると、自分勝手な振る舞いをしてしまいそうです。「これからが正念場」だと肝に銘じましょう。(安藤美穂)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません